MacBook Retina12inchの整備済製品を購入! 早速開封したぞ!

MacBook Retina 2015

先日、Apple公式オンラインストアからMacBook Air11インチの整備済製品を購入した話を投稿しましたが、今度は同じく整備済み製品のMacBook Early 2015を買うことになりました。

ただいま商品が届きましたので、その開封の様子を投稿したいと思います。

スポンサーリンク

購入モデル

今回購入したのは”MacBook Retina,12-inch,Early2015”、新たにRetinaディスプレイが搭載された現在のMacBookの初期モデルに当たります。

先日、MacBook Air11インチの整備済製品を購入したばかりですが、Appleのホームページを見ていたところ、何とこのMacBoookが販売リストにあるではありませんか!

このMacBookの整備済製品が販売されているのを初めて見たこともあり、衝動買いでポチってしまいました…。

MacBookには2015年モデルと2016年モデルともに3種類のCPUが用意されているのですが、私が購入したのは最もベーシックなモデルです。

ちなみに、カラーはゴールド。

他の色との比較もしたかったのですが、1点限りの整備済み製品と言うこともあり選択の余地はありませんでしたね。

価格

購入価格は、税別90,300円

消費税8%を加えると97,524円で、先日購入したMacBook Air11インチよりもわずかに安いくらいですが、10万円以内に収まることは嬉しい限りです。

現行モデルを新品購入した場合の税込価格が約14万円なだけに非常にお得感がありますが、この価格の安さが整備済製品の魅力ですね。

Macが安く買える? Apple整備済製品のメリットとは!?
Mac、i Pad、i Podと、多くの人気製品を製造販売しているAppleコンピューターですが、稀に整備済製...

ちなみに、私が購入した時には2016年モデルも販売されていましたが、2015年モデルよりも2万円ほど高額でした。

この価格差と性能の違いをどのように考えるかも興味深い話ですが、これに関しては後日投稿しようと思います。

梱包

いよいよここから開封の様子をアップしますが、やはり先日のMacBook Air11インチ同様に、茶色い外箱に入って商品が届きました。

その箱の美しさからも丁寧に梱包されていることが伝わり、好印象です。

MacBook Retina 2015の外箱

商品を受け取った瞬間に気が付いたのですが、外箱の大きさがMacBook Air11インチの時よりも小型化されているようですね。

外箱を開けると白い内箱が姿を現します。

MacBook Retina 2015の箱

やはり、整備済製品と言うことで商品の画像のプリントはなく、”MacBook”と言う文字が印刷されるのみ。

MacBook Retina 2015の箱

とは言え、箱は新品であり、とても綺麗で全く不満はありません。

MacBook Retina 2015の箱

お決まりの”Apple Certified Refurbished”の文字もあります。

製品の状態

MacBook Airを購入した場合同様、傷や汚れなど一切見受けられず、新品同様です。

Appleが新品同様の品質を保証すると公言するだけあり、素晴らしいコンディションで文句の付けようがありません。

MacBook Retina 2015

本体はフィルムに包まれていますが、MacBook Airとはまた異なる質感のフィルムが採用されているようですね。

色がゴールドということで派手になり過ぎないかと少々心配でしたが、思ったよりも控え目な印象で全く問題ありませんでした。

MacBook Retina 2015

キーボードの黒とゴールドのボディの相性も抜群です。

付属品

確認できる付属品USB Type-Cによる充電ケーブルのみですが、こちらも新品のように思われます。

MacBook 付属品

それにしても、箱の中もとても綺麗で感心しますね。

終わりに

今回はMacBook Retina 12-inchの整備済製品の開封の様子を投稿しましたが、今後は実際に使用してみての感想などもアップしようと思います。

ちなみに、最近は整備済み製品の在庫が比較的充実しているようなので、Macを安く購入したい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク