MacにApple Careは必要か!? その答えは機種と使用用途にある!

Mac

Appleの延長保証サービスとして有名な“Apple Care”ですが、皆さんは加入されているでしょうか?

今回はMacについて、その必要性を考えてみようと思います。

スポンサーリンク

MacとApple Care

はじめにApple Careの概要を確認しておきたいのですが、これを購入することでMacに対する保証期間を3年間に延長することができます。

もちろん、はじめの1年間は無償のメーカー保証が適用されますので、正確にはその後の2年分の保証サービスを購入するシステムと考えればよいでしょう。

Apple Careを購入するにはそれなりのお金が必要ですが、保証期間内であればサービスを受けるごとに料金が発生することはありませんので、有償修理を受けるよりも出費を低く抑えることが可能な場合もあります。

購入方法

Apple Careを入手するには、①Mac本体と同時に購入する、②後にサービス単体で購入するの2つの方法がありますが、後者については本体購入後1年以内であることが条件であり、これを過ぎてからの購入は不可能なのでご注意下さい。

また、MacBook Pro13inch、MacBook Air、MacBook、Mac Proが23,800円、Mac miniが10,800円、iMacが20,800円、MacBook Pro15inchが32,800円と、機種によって価格が異なることもポイントです。

機種 価格(税別)
・MacBook Pro 15inch 32,800円
・MacBook Pro 13inch

・MacBook Air

・MacBook

・Mac Pro

23,800円
・iMac 20,800円
・Mac mini 10,800円

保証内容

Apple Careが保証するのは、Mac本体、バッテリー、電源アダプタ等の付属品です。

ここで言うMac本体とは主にSSD、メモリ等のハードウェアの不具合を指すと考えて間違いありませんが、キーボードの不調、本体ケースの歪みやガタつき、液晶画面のトラブル等も保証の対象であることが嬉しいですね。

落下や本体に水をこぼすなどの利用者の過失、並びに不正改造に起因するトラブルこそ保証の対象外であるものの、“普通に使っていて発生する不具合”であれば確実に保証が適用されると考えてよいでしょう。

さらに、バッテリー交換も保証の対象であり、不明な点を質問できる電話サポートも回数制限なしで利用することができます(Apple Careなしの場合はMac購入後90日間のみ)。

解約

驚かれる方も少なくないと思いますが、何とApple Careは途中で解約することも可能です。

日割り計算によって返金される金額が決定されるため、Apple Careの購入後早い段階で解約を申し込めばそれだけ多くのお金が戻ってくると考えてよいでしょう。

その際、“解約手数料”として日割り計算された残りの保証期間に対する対価の10パーセントが差し引かれてしまうのですが、これくらいは仕方ないですね。

必要性が高い

ここからMacにとってのApple Careの必要性を考えてみたいのですが、長年Macを使用している私の経験からも、以下に該当する場合はApple Careを購入した方がよいと思われます。

Apple Careの必要性が高い
  • 長く使い続ける方(最低でも1年以上)
  • 使用頻度が高い
  • Macを頻繁に多い外へ持ち運ぶ
  • Retinaディスプレイ搭載モデルである

長く使い続ける

PCは精密機械ですから、使用時間に比例して不具合が発生する確率も上昇します。

よって、Macを一定の期間以上使用する方にとってはApple Care加入によるメリットが大きくなりますが、具体的には1年(無償でのメーカー保証の適用期間)以上使用される予定の方はやはりApple Careを購入しておいた方がよいでしょう。

故障した場合の修理についてはもちろんですが、Apple Careはバッテリー交換も適用対象であり、長期使用によりバッテリーが劣化してもその都度交換が可能なので、バッテリー交換代を先に支払っておくと考えれば決して高い買い物ではないと思います。

使用頻度が高い

使用頻度が高いほど故障のリスクが高まるのは当然ですから、日常的にMacを動かす機会が多い方にもApple Careへ加入をお奨めします。

既に述べた通り、使用頻度が高ければそれだけバッテリーの劣化も激しく、例えばMacBook Pro13インチの場合は有償でのバッテリー交換費用が19,800円ですから、1度交換すれば十分に元が取れてしまいますからね。

もちろんバッテリーが劣化する度何度でも交換が可能で、さらに故障した場合も無償で対応してもらえるわけですから、加入しない手はないでしょう。

Macを外に持ち運ぶ

精密異界である以上、Macにとっては外部からの衝撃ほど怖いものはありません。

モバイルPCとしてMacを外へ持ち運ぶ機会が多い方ほど、Apple Care加入の必要性が高まると考えて間違いないと思います。

ただし、Macをぶつけた、落としたなどの理由で本体に付いた傷については適用対象外なのでくれぐれもご注意下さい。

Retinaディスプレイを搭載している

最後になりますが、MacBook ProやMacBookなどのRetinaディスプレイを搭載するモデルを使用される方にとってもApple Careの必要性が高いと言えます。

実際にはノート型のMacBook12インチとMacBook Proに限定されるものの、これらの2機種はバッテリー交換にかかる費用が19,800円とかなり高額で、1度でもバッテリーを交換してしまえばApple Care購入料金の23,800円のうちの大半を消化できてしまうんですね。

新品購入してから1年間はメーカー無償保証でのバッテリー交換が可能とは言え、その後1度でもバッテリー交換をすればもとを取れるでしょうし、2回以上交換した場合には完全に得をする計算です。

必要性が低い

一方、以下に該当する場合はApple Careの必要性は低いと思われます。

Apple Careの必要性が低い
  • 1年以内に手放す(オークション等)
  • 使用は自宅のみで持ち運ばない
  • 使用頻度が少ない
  • Macの利用歴が長い、Macに詳しい
  • デスクトップ型(iMac,Mac Pro,Mac mini)である
  • MacBook Airである

1年以内に手放す

新品購入後1年以内にMacを手放す場合はApple Careの必要性はかなり低いと言えますが、この期間中はメーカー保証が適用され、万が一故障したとしても無償で修理を受けることができますし、バッテリーも無償で交換することができます。

よって、Apple Careの恩恵を受けることがあるとすれば購入後90日が経過した後に無償での電話サポートを受けることができることくらいでしょうか。

せっかくのMacだけに1年で手放す方などいないようにも思われますが、Macはオークションで高額で取引されることもあり、短いサイクルでマシンの入れ替えをすることも十分に可能なので、必ずしも非現実的な話とも言えないでしょう。

使用頻度が低い

使用頻度が低ければMacが劣化して故障する確率も低くなるので、当然ながらApple Careへの加入の必要性も低くなります。

滅多に使用しないとなればバッテリーの劣化も少なくて済みますからね。

Macに詳しい

Apple Careを購入するメリットの1つに無償での電話サポートがありますが、Macの使用歴が長く、Macの扱いに慣れている場合はこれを利用する機会も少なくなります。

万が一電話で問い合わせをする必要が生じた場合にも必ず有償での対応になるわけではなく、Appleのスタッフは可能な限り無償で対応するべく努力してくれますので、Apple Care加入の必要性は少ないと考えて間違いないでしょう。

デスクトップ型である

Apple Care加入の最大のメリットがバッテリー交換を回数無制限で受けることができる点にありますが、iMacやMac Proなどのデスクトップ型のマシンであればその恩恵はゼロです。

よって、故障対応と無償での電話サポート以外にApple Careに加入するメリットはありませんので、デスクトップ型に比べその必要性が低くなることは確実ですね。

MacBook Airである

同じノート型でも、MacBook Airは他のノートブックほどApple Care加入のメリットは大きくありません。

と言うのも、同機種の場合、有償でのバッテリー交換にかかる料金が12,800円とMacBookやMacBook Proに比べだいぶ安いのです。

MacBookやMacBook Proのように1度でもバッテリー交換をすればApple Care購入料金の大半を消化できるわけでもなく、仮に有償でサービスを受けるとしてもそれほど大きな出費を迫られることはありませんからね。

もちろん、1年以上使用する予定があり、なおかつ故障した場合のことを考えれば無駄にはならないと思いますが、私でしたら購入を見送ると思います。

終わりに

今回はMacにとってのApple Careの必要性について投稿してきましたが、結論として、使用する機種と使い方によって答えが違ってくると言って間違いないでしょう。

Apple Careが必要が否か依然としてお悩みの方も多いと思いますが、新品購入後1年以内であればいつでも加入することができますので、使用状況等を踏まえよく考えてから決断していただきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク