偽物に注意!? Windows10の正規版と非正規版の見分け方を解説!

鑑定人

自作パソコンやMacにインストールするため、WindowsのOSを単体で購入された経験をお持ちの方も少なくないと思いますが、非正規品が多く流通していることをご存知でしょうか。

今回はその非正規品の特徴と正規品との見分け方について投稿します。

スポンサーリンク

はじめに

Windows10のパッケージにはプロダクトキーが入っていますが 、OSのインストール時にそのキーを入力し、有効性が確認(認証)されて初めて製品のインストールが行われます。

製品の形態としては、インストールするWindows10のデータが入ったUSBフラッシュメモリが付属するタイプと、製品にはプロダクトキーのみが付属し、Windowsのイメージをダウンロードするタイプの2つが存在しますが、いずれも有効なプロダクトキーを入力して認証がされない限り製品のインストールを行うことはできません。

よって、Windows10の正規品と非正規品を見分けるに当たっては、製品に付属するプロダクトキーが有効であるか否かが最も重要なポイントになることを確認しておきたいと思います。

非正規品

一言で“非正規品”と言っても一般に流通する正規品以外のWindows製品にはいくつかの種類があり、具体的には①OEM版、②ボリュームライセンス、③海賊版に分類されるのですが、詳細を以下で解説します。

Windows10非正規版の種類
  • OEM版
  • ボリュームライセンス
  • 海賊版

OEM版

Microsoft製品におけるOEM版とは、“ある1台のパソコンに限りインストール可能な製品”のことであり、WindowsOSについて言えば新品のパソコンに初めからインストールされているOSのことを言います。

OEM版はMicrosoftよりパソコンメーカーに対してのみ販売され、これがインストールされたパソコンが各社の製品として私たちに販売されるため、本来であればOEM版単体で一般に販売されることはありません。

しかしながら、一部の自作パソコンメーカーが自社のマシンにインストールせずにこのOEM版のOSのみを市場に流してしまう場合があり、それを仕入れて格安で販売する業者を仲介して、私たち一般のユーザーの手に渡るケースがあります。

OEM版の特徴
  • 基本的には問題なくインストール、使用できる
  • そのプロダクトキーが他のパソコンで認証済みの場合はインストール不可
  • 1度インストールしたパソコン以外にインストールすることはできない

例えOEM版であっても正規版と機能面での違いはなく、その製品がいずれのパソコンにもインストールされていなければ問題なく使用できますが、OEM版は1台のパソコンでのみ使用可能と言う前提がありますので、はじめにインストールしたパソコンからOSをアンインストールして他のパソコンにインストールすることは不可能。

また、既にあるパソコンにインストールされているOEM版のプロダクトキーを使ってそれ以外のパソコンにWindowsをインストールできないことは言うまでもなく、無効なプロダクトキーが販売されることで“購入したもののインストールできない”と言うトラブルが日常的に発生しているのが現状です。

ボリュームライセンス

1つのプロダクトキーで複数台のパソコンにインストールできるWindows製品をボリュームライセンスと言いますが、1つのキーで10~100台のパソコンにインストールされる場合が多く、多数のパソコンを有する企業や学校、官公庁などで使用されています。

OEM版同様一般向けの販売は許可されていないものの、例えば100台にインストール可能なところ70台でしか使われていない場合など、余剰分のライセンスが一般市場に流れるケースがあり、不当な流通にMicrosoftも手を焼いているとのこと。

こちらもOEM版と同様に正規版と比べて機能に差があるわけではありませんが、ボリュームライセンスが不当に利用されていることが判明した場合にMicrosoftにより当該プロダクトキーが無効化されるケースがありますし、本来使用権限がある企業が倒産した場合にもそのキーは失効します。

よって、初めは問題なく使えていたWindowsがある日突然使えなくなる可能性も否定できないため、購入した製品がボリュームライセンスだった場合には返品を要求するなど早急に対応することが望ましいでしょう。

ボリュームライセンスの特徴
  • 基本的には問題なくインストール、使用できる
  • 突然利用できなくなる可能性がある

海賊版

Microsoftの製品を偽造したものであり、“完全な偽物”と言えるのが海賊版ですが、パッケージやライセンスキーが記載されている台紙などが精巧に再現されていることが特徴です。

このレベルになるとMicrosoftのライセンス違反のレベルを通り越し、完全な違法行為、犯罪行為ですから、悪質度はOEM版やボリュームライセンスを販売する場合と比較になりません。

もちろん、海賊版の中には適当に組み合わせたプロダクトキーが入っているのでしょうからそのキーを用いて認証が通るはずもなく、Windowsをインストールすることは不可能です。

海賊版の特徴
  • インストール、使用はできない
  • 完全な犯罪行為

確認方法

自分が購入したWindows10が正規品なのか非正規品なのかを確認するベストな方法は、直接Microsoftに問い合わせてみることです。

私もWindowsのOSを単体で購入する度に必ず確認するようにしていますが、電話サポートで製品のプロダクトキーを伝えるだけですぐにそのキーの有効性とライセンスの状態を調べてもらえるので、面倒なことは一切ありません。

非正規の製品が出回ることはMicrosoftにとっても解決すべき大問題であり、当然ながら様々な情報を持っているため、悪質な手口や予防方法など色々とアドバイスしてもらえることもあります。

非正規品が当たり前のように流通するこの現状を鑑みれば、Microsoftや大手家電量販店以外のショップからWindows10を購入された方は一度サポートに問い合わせをし、自身の製品のプロダクトキーの状態を確認されるのがよいでしょう。

騙されないために

Windows10を購入した後にその製品が正規品かどうかを判断する方法をご紹介したものの、購入前の製品のプロダクトキーを知ることはできませんので、言うまでもなくその時点で正確な判断をすることはできません。

購入してからその製品が非正規であることがわかっても、中には返金に応じない悪質な業者も存在しますので、Windows10のOSを単体で購入することにはかなりのリスクが伴うようにも思えますが、購入ショップと販売価格に注目することで正規品と非正規品を見分けることができます。

Microsoftのサポート曰く、購入店については、Microsoftからの直接購入とヨドバシカメラやヤマダ電機等の大手家電量販店からの購入は安全である一方、それ以外のショップはことごとく要注意とのこと。

また、販売価格に関して、正規品の価格が定価を5,000円以上下回ることは絶対に有り得ないので、格安で販売されているプロダクトキーは100%非正規品と考えてよいでしょう。

ちなみに、Amazon(アマゾン)でWindowsを購入する場合、Amazonが直接販売する製品は正規品ですが、マーケットプレイスに出店している業者が販売する製品は非正規品である確率が極めて高いのでご注意下さい。

終わりに

今回はWindows10の非正規品の特徴と正規品との見分け方について投稿してきました。

偽物とわかって格安で販売する悪質な業者が存在することは残念ですが、購入後のトラブルを回避するためにも、Microsoft若しくは大手家電量販店以外からの購入を避けることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク