回復ドライブ/システム修復ディスク/リカバリディスクの違いを解説!

回復ドライブ/システム修復ディスク/リカバリディスクの違い

“リカバリディスク”、“リカバリメディア”、“回復ドライブ”、“システム修復ディスク”、皆さんはこれらの役割を正しく理解されているでしょうか。

いずれもパソコンをリカバリするためのツールに思えますが、今回はそれぞれの違いに注目しようと思います。

スポンサーリンク

リカバリとは

リカバリとはパソコンを工場出荷時の状態に戻す作業を言い、これを行うことでインストールしたソフトウェアや作成データなど購入後に加えられた変更が全てリセットされます。

“コンピューターのシステムを新品購入後初めて電源を入れた時の状態に戻す機能”と表現する方がより解りやすいでしょうか。

もちろん、特別の事情がない限りこのリカバリを実行する必要は全くないのですが、マシンに不具合が生じた、コンピューターを売却する等の理由でシステムを購入時の状態に戻す必要性が生じる可能性もあるだけに、パソコンにとって必要不可欠な機能でもあるのです。

リカバリメディア

リカバリメディアとは、パソコンを工場出荷時の状態に戻すためのシステム(=リカバリ機能)を持つメディア(CDやDVD、USBフラッシュメモリ)のことを言います。

①リカバリディスクと②回復ドライブはリカバリメディアの1種であり、パソコンに内蔵のHDDやSSD内のリカバリ領域と全く同じものがこれらのメディアに入っていると考えればイメージしやすいでしょう。

リカバリメディアを使用することでパソコンの内臓ストレージ(HDDやSSD)にアクセスすることなく、外部からリカバリを行うことができます。

最近のパソコンは内蔵ストレージ内にリカバリ領域を持ち、リカバリメディアを使用することなくリカバリを実行できますが、パソコンに不具合が発生してリカバリ領域にアクセスできない、ストレージ内のリカバリ領域を誤って削除してしまった等の理由でリカバリを実行できない可能性もゼロではありません。

そこでパソコンの状態に関わらず外部から半ば強制的にリカバリを実行できるリカバリメディアを確保しておく必要があるのですが、まさに“最後の砦”と言える役割を果たすのがリカバリメディアなのです。

リカバリディスク

CDやDVD等のディスクタイプのリカバリメディアをリカバリディスクと呼びます。

リカバリディスクもリカバリメディアの1つであり、一昔前はほとんどのPCに付属していたことから最も馴染みがあるリカバリメディアがリカバリディスクであると言えるのではないでしょうか。

最近はパソコン購入後にユーザー自らこのリカバリメディアを作成するのが一般化していますが、OSの標準機能でリカバリディスクを作成するのはWindows7までで、Windows8以降はUSBメモリを使用する“回復ドライブ方式”へと移行しました。

ただし、専用アプリや各メーカー専用のソフトを使用すればWindows8以降でもCDやDVDを使うことでリカバリディスクを作成できる場合がありますし、ディスクタイプのリカバリメディアを有料で販売しているメーカーもあります。

回復ドライブ

USBフラッシュメモリや外付けHDDを用いて作成するリカバリメディアを回復ドライブと呼びますが、その役割はリカバリディスクと同じ

よって、パソコンのシステムからリカバリを実行することが不可能な状況でも、回復ドライブがあれば外部からリカバリシステムを起動してPCを初期状態に戻すことができます。

Windows8以降はリカバリディスクではなく回復ドライブをリカバリメディアとして作成する仕様になりましたので、PC購入後に速やかに作成しなければなりません。

なお、リカバリディスクと同様に、OSの標準機能を使わず専用アプリやメーカーが配布するソフトから回復ドライブを作成できる場合もあります。

システム修復ディスク

続いてシステム修復ディスクですが、こちらはWindows7からOSの標準機能で作成できるようになりました。

パソコンが起動できなくなった場合、このシステム修復ディスクを使ってシステム回復オプションを起動させ起動のトラブルを修復したり、外付けHDDに別途作成したバックアップ(システムイメージ)をもとにPCを復元させることができます。

リカバリを行うこともできますが、回復ドライブやリカバリディスクとは異なり工場出荷時のシステムイメージを持ちません。

よって、システム修復ディスクから回復オプションを起動しリカバリを行う場合はPCのストレージ内のリカバリ領域のシステムイメージが必要であり、誤ってこれを削除してしまった場合やHDDそのものに不具合がある場合はリカバリの実行は不可能。

それに対し、回復ドライブやリカバリディスクは自らがリカバリイメージを持ち、PCの内蔵ストレージの状態に左右されることなく確実にリカバリを開始できますし、回復オプションを起動させることも可能なので、リカバリメディアがあればシステム修復ディスクは不要なのです。

まとめ

下の表に、リカバリメディア(回復ドライブ、リカバリディスク)とシステム修復ディスクの役割をまとめてみました。

先述の通りリカバリイメージを持つかどうかが両者の最大の違いですが、システム修復ディスクにできることは全てリカバリメディアでも実行可能なので、リカバリメディアの方が圧倒的に重要度が高いと言えます。

例によって、PCのHDDに問題がある状況ではシステム修復ディスクによるリカバリができない可能性がありますので、パソコン購入後は何よりも優先してリカバリメディアを作成するようにしましょう。

リカバリメディア(回復ドライブ、リカバリディスク)
  • リカバリ
  • スタートアップ修復
  • システムの復元
  • システムイメージの回復
  • メモリ診断
  • コマンドプロンプト
システム修復ディスク
  • リカバリ※1
  • スタートアップ修復
  • システム復元
  • システムイメージの回復
  • メモリ診断
  • コマンドプロンプト

1…パソコンのHDD内にあるリカバリ領域を使うため、これに問題がある場合にはリカバリが不可能。

終わりに

今回は、回復ドライブ、リカバリメディア、リカバリディスク、システム修復ディスクの役割とそれぞれの違いについて投稿してきました。

少々複雑な話ではありますが、リカバリメディア(回復ドライブ若しくはリカバリディスク)さえあればとにかく安心なので、PC購入後に確実に作成していただきたいと思います。

Windows
スポンサーリンク
管理人をフォローする
驚きの森

コメント