リカバリの疑問! 回復ドライブ作成に必要なUSBメモリの容量は!?

回復ドライブ用のUSBメモリ

皆さんご存知の通り、Windows8からOSの標準機能で作成できるリカバリメディアがUSBフラッシュメモリを使用する“回復ドライブ”に変更されました。

ところが、その作成に必要なUSBメモリの容量は諸説あり、一体どのサイズを用意したらよいのかわからないと言う声を耳にしましたので、今回はこの疑問を解決しようと思います。

スポンサーリンク

回復ドライブとは

回復ドライブはWindows8以降のOSで採用されるリカバリメディア(リカバリディスク)であり、これを使用することでパソコンを工場出荷時の状態に戻すことができます。

最近のパソコンは内蔵HDDの中にリカバリ領域が存在し、リカバリメディアを使用することなくリカバリを実行可能ですが、そのHDD自体にトラブルが発生した場合にはさすがにそれもできません。

そこで、内蔵HDDに頼ることなく外部からリカバリシステムを起動できるリカバリメディアを確保しておく必要があり、Windows8以降のOSでその役割を果たすのが回復ドライブであることをご理解いただきたいと思います

回復ドライブ/システム修復ディスク/リカバリディスクの違いを解説!
“リカバリディスク”、“リカバリメディア”、“回復ドライブ”、“システム修復ディスク”、皆さんはこれらの役割を...

なお、USBメモリを使用する回復ドライブの他、CDやDVDにHDDのリカバリ領域をコピーするリカバリディスクなど、リカバリメディアには幾つかの種類があるのですが、詳細はリンク先のページを参照下さい。

また、今回この回復ドライブの作成に必要なUSBメモリの容量を調査すべく4台のパソコンを使用していますが、OSはいずれもWindows10であることを確認しておきます。

必要な容量

ここで結論を言えば、回復ドライブ作成に必要なUSBフラッシュメモリの容量はそのパソコンごとに異なります

“回復ドライブの作成には〇〇GB以上の容量が必要”と断言する意見もあるようですが、実際に4台のパソコンで回復ドライブを作成してみたところ3台で8GB、残り1台で16GB以上の容量を持つUSBメモリの装着を要求され、同じWindows10を搭載するパソコンでもその個体毎に事情が異なることが明らかになりました。

明確な答えを求めてこのページを訪問された方には大変申し訳ないのですが、回復ドライブの作成に必要なUSBメモリの容量を正確に知るためには実際にドライブ作成画面に進み、そこでパソコンが要求する内容を確認するより他ないのだと思います。

とは言え、さすがに4GBでは容量不足でしょうし、かと言って64GBもの大容量を必要とするとも考え難いので、事前にUSBフラッシュメモリを準備する場合はとりあえず16GBを選んでおけば問題ないでしょう。

製品名  内蔵ストレージ 回復ドライブ作成に必要なUSBメモリの容量
Asus VivoBook/E200HA 32GB/eMMC 8GB
VivoBook/R416SA 64GB/eMMC 8GB
Dell Inspiron11 3162(MI01-6HLW) 32GB/eMMC 8GB
Inspiron15 5559(NI35-6NHB) 1TB/HDD 16GB

メーカーの発表

中にはウェブ上で回復ドライブの作成方法を公開しているメーカーもあり、そこで必要とされる容量についての記載が見受けられる場合もあります。

私が調べた限りでは、“Dell”と“富士通”、“EPSON”がそれぞれのホームページで回復ドライブの作成に必要なUSBメモリの容量に触れていますが、その内容は下の表にある通り。

メーカー 公表している容量
Dell 16GB
富士通 32GB
EPSON 32GB

今回の調査結果からも明らかな様に同じメーカーのパソコンでも実際に必要な容量は製品毎に異なるため、ほとんど意味のない情報と言えてしまうことも事実なのですが…

DELLの場合は私が所有する2台のPCでそれぞれ異なる容量のUSBメモリの装着を要求されましたし、富士通とEPSONについてもメーカー発表と異なる容量(8GBあるいは16GB)で作成できたと言う声を確認することができますからね。

これは余談になりますが、あくまでも私の推論の域を出ないものの、“本来は8GBで足りるところを16GB”と言うようにメーカーが余裕を持った容量を公表している可能性はあるのではないでしょうか。

パソコンのスペックとの関係

続いては、回復ドライブの作成に必要なUSBフラッシュメモリの容量がパソコンのスペックと関係している可能性を指摘しておきます。

と言うのも、今回8GBでドライブを作成できた3機種(Inspiron 11/E200HA/R416SA)がいずれもエントリーレベルの低スペックパソコンであるのに対し、16GBのUSBメモリを要したInspiron 5559は1ランク上のモデル。

搭載されるCPU“Core-i3 6100U”はInspiron 11やR416SAの“Celeron N3050”よりも圧倒的に優秀ですし、内蔵ストレージ容量(1TB)も他の3機種とは比較になりません。

断言こそできませんが、このInspiron 5559のみが16GBの容量を要したことを考えても、エントリーモデル等の低スペックパソコンほどUSBメモリの容量が少なくて済み、性能が上がるに連れてより大きなサイズが必要になる傾向があるように思えます。

USBメモリの選び方

USBフラッシュメモリ

先にも少し触れましたが、実際に回復ドライブ作成画面に進み、事前に必要な容量を確認しておくことで最適なサイズのUSBメモリを購入することができます。

その作業はとても簡単で、コントロールパネルから“システムとセキュリティ”→“セキュリティとメンテナンス”→“回復”と進み、“回復ドライブの作成”を選択。

回復ドライブ作成画面

すると、上の画像にあるように必要な容量が表記されますので、その基準を満たすUSBメモリを準備すればOK。

作業自体に特別なことはありませんが、前述の通り実際に必要な容量がメーカーの発表と異なる場合もあり、容量の不足や必要以上の容量に無駄なお金をかける事態を避けるためにも必ずこの手順で当該パソコンが必要とするUSBメモリの容量を確認して下さい。

ちなみに、USBフラッシュメモリの販売価格はアマゾンが安く、8GBだと500円から800円ほど、16GBでも1,000円以下の値段で多くの製品が出品されていますので、ぜひご利用いただきたいと思います。

終わりに

今回は、Windows10搭載のパソコンで回復ドライブを作成する場合に必要なUSBフラッシュメモリの容量について投稿してきました。

正しいサイズのUSBメモリを使用するためにも、是非事前に必要とされる容量の確認を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク

コメント

  1. k より:

    検索からたどり着きました♪
    読んでもやもやがスッキリしました(^^♪
    ありがとうございます(^^♪(^^♪