Amazon(アマゾン)の返品方法を解説! 発送は着払いでOK!?

アマゾン/箱

現在、私たちの日常に欠かすことができない存在と言っても過言ではなく、本当に多くの人に利用されているAmazonですが、今回はその返品方法について投稿しようと思います。

返品の手順や返送方法など詳しく解説しますので、是非最後までお読み下さい。

スポンサーリンク

返品の手順

Amazon(アマゾン)で購入した商品を返品する手順は、下のボックスにある通り。

基本的には、①返品のリクエスト、②返送用ラベルの印刷、③商品の梱包・発送の3つの工程を踏むことになります。

各工程の詳細については、以下を読み下さい。

返品の手順
  1. 返品のリクエスト
  2. 返送用ラベルの印刷(印刷できない場合は必要書類を準備)
  3. 商品の梱包・発送

返品のリクエスト

まずは返品を申請しなければなりませんが、アカウントサービスにログインし、注文履歴一覧にある、”商品の返品・交換”をクリックします。

アマゾン注文履歴

画像は、アマゾンホームページ(https://www.amazon.co.jp)より引用

すると返品の理由やコメントの入力を求められますが、画面の指示通りに進むだけでよく、とりわけ難しいことは一切ありません。

アマゾン/返品手続き画面

画像は、アマゾンホームページ(https://www.amazon.co.jp)より引用

アマゾン/返品手続き画面

画像は、アマゾンホームページ(https://www.amazon.co.jp)より引用

返品リクエストの申請が完了すると、次の工程である返品ラベルの印刷が可能になりますので、早めに印刷も済まておきましょう。

返送用ラベルの印刷

返品リクエストの申請が終了したら、返送用ラベルを印刷します。

こちらも簡単に行うことができますが、注文履歴から、返品リクエスト済みの商品のアイコン近くの”返送用ラベルの印刷”をクリックして下さい。

その後、例によって指示に従えば、簡単にラベルを印刷することができます。

事前にプリンタの電源を入れ、ケーブルでパソコンとプリンターを接続しておくことを忘れないようにしましょう。

ラベルの印刷ができない場合

プリンタがないなどの理由で返送用ラベルが印刷できない場合でも、必要書類を用意すれば、問題なく返品することができます。

書類と言っても特別のことはなく、返品リクエスト完了後に発行される返品受け付けIDをメモした用紙を商品と同梱するだけ。

その他、購入時に付属する納品書の同梱や、商品に貼られているバーコードを同梱するなどの方法でも構いませんが、詳細は下のリンク先のページをご確認下さい。

商品の梱包・発送

返送用ラベルの印刷が完了したら、商品を梱包して発送しますが、返送用ラベルの同梱を忘れないようにしましょう。

返送用ラベルの印刷ができない場合は、”返送用ラベルが印刷できない場合”に必要な書類等を同梱すればOKです。

購入時に商品が入ってきた箱をそのまま用いて構いませんが、商品に万が一のことがあってはいけません。

空きスペースを新聞紙で埋めるなど、商品の保護に万全を期して下さい。

返送方法

運送業社

商品を返送する場合にどの運送会社を利用したらよいのかがわからない方もいらっしゃると思いますが、基本的にはどこでも構いません。

実際には、ゆうぱっく(日本郵政)、佐川急便ヤマト運輸の大手3社を利用することになると思いますが、ご都合に合わせて好きなところを選んで下さい。

日本郵政を利用する場合、”定形外郵便は使えない”と言う意見もありますが、実際は問題なく利用できます

特に送料を自己負担する場合、その他の返送方法を利用するよりも料金を安く抑えることができる点は、定形外郵便の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

ただし、定形外郵便では荷物追跡サービスを利用することができませんので、荷物に万が一のことがあった場合には、そのままになってしまう可能性も考えられます。

宛先の記載ミスや梱包の不備が発生しないよう、最新の注意を払うようにしましょう

送料

商品を返送する場合、私たち利用者とAmazonのどちらが送料を負担するのかが、最も気になるところだと思います。

結論を言えば、それはケースバイケースで、返品の理由が購入者にある場合は元払い、そうでない場合は着払いで返送して構いません。

詳細はアマゾンのヘルプページでも確認できますが、商品が破損していたり、全く動作しない場合などは当然ながら、着払いで返送することができます。

一方、”他に欲しいものが見つかった”などの個人的な理由であれば元払いで返送するべきですが、そこは良識的に判断して下さい。

なお、本来は元払いで返送すべきにも関わらず着払いで商品を発送した場合、変金額から送料が差し引かれることもあります。

アマゾンのカスタマーサポートは非常に丁寧に対応してくれるので、どちらが送料を負担すべきか判断が難しい場合には、事前に問い合わせてみるのもよいでしょう。

終わりに

Amazon(アマゾン)での返品方法をご理解いただけたでしょうか。

通信販売である以上、利用回数が増えれば増えるほど返品が必要になる回数も増えるだけに、的確に対応していただきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク