ゆうパックの土日発送はコンビニがお薦め! 割引も適用される!?

ゆうパック差し出し

皆さんの中にも、ゆうパックで荷物を発送しようとしたものの土日や祝日に郵便局が空いておらず出荷が出来なかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、土日でも荷物の出荷ができるゆうパックのコンビニ発送について投稿します。

スポンサーリンク

ゆうパックの土日発送

ゆうパックは日本郵便が提供する荷物配達サービスですが、土日の荷物発送については、残念ながらヤマト運輸や佐川急便等のライバル会社と比較して勝手が悪いことを否定できません。

と言うのも、ご存知の通り一部の大都市にこそ年中無休で営業する郵便局が存在するものの、地元の小さな局のほとんどは休日営業に対応しておらず、営業していたとしても午前中一杯と言うケースが圧倒的に多いですからね…。

そこでゆうパックのコンビニ発送が注目されるわけですが、何と、土日祝日でも平日と同様に荷物の発送が可能なのです。

コンビニの利用

対応しているコンビニ

ゆうパックの発送に対応するコンビニは、ローソンミニストップセイコーマートの3つですが、ローソンについては、“ローソンストア100”や”ローソンマート”等のブランド名で出店している店舗も対象です。

近くの郵便局まで距離があり移動が大変な方も、近所にこれらのコンビニがあれば簡単に荷物を発送することができるので、これを利用しない手はないでしょう。

ゆうパックの出荷に対応しているコンビニ
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

集荷時間

コンビニで荷受された郵便物が集荷されるタイミングは店舗ごとに異なり、一概に何時と言うことはできませんが、1日2回、午前と15時頃に集荷が行われる場合が多いようです。

日本郵便に問い合わせてみたところ、15~16時の集荷に間に合えば当日の発送便として荷物がトラックに乗るらしく、早ければ翌日には配達が完了するとのこと。

逆に集荷時間が遅くなると集配局を出発するトラックへの積み込みに間に合わず、その翌日の便で荷物が輸送されますが、集荷された荷物がコンビニから集配局まで移動するのに時間がかかることがその理由です。

トラックが集配局を出発するのが18~19時頃なので、15時を過ぎた段階ではコンビニではなく直接郵便局に荷物を持ち込んだ方が早く配達される確率が高いようにも思えますが、事前にそのコンビニの荷物集荷時間を確認しておけばより円滑に手続きを行うことができるでしょう。

土曜日・日曜日・休日の取り扱い

土日や祝日に郵便局が営業していない場合は局内にあるゆうゆう窓口からゆうパックを出すことができるものの、ゆうゆう窓口は大きな郵便局にしか設けられておらず、午前中で閉まるところも…

これが原因で休日にはヤマト運輸や佐川急便などの運送会社を利用される方も多いのですが、コンビニからゆうパックを出荷すればその必要はありません。

郵便物の集荷は土日や祝日を問わず毎日行われますので、その日の便に間に合うタイミング、前述の通り15~16時までに荷物を出すことができれば平日と変わらず最短日数で荷物を届けることも可能なのです。

また、到着までの日数を度外視したとしても、コンビニは365日24時間営業しており、時間を問わず荷物を出荷できる点は他社に勝る大きなメリットと言えるでしょう。

割引

コンビニでゆうパックを出荷した場合にも、持ち込み割引サービスが適用されます。

持ち込み割引とは、荷物を郵便局の窓口に持ち込むことで送料が100円値引きされるサービスのことですが、郵便局の窓口のみならず、コンビニに荷物を持ち込んだ場合にも同様の割引を受けることができるわけですから、ますますコンビニを利用したくなってしまいますね。

その他郵便物

郵便物

ゆうパックの他、ハガキや封筒などの通常の郵便物、レターパックもコンビニで出荷することができますが、レジの近くや入口付近に設けられているポストに投函してもよいですし、直接店員に渡しても構いません。

ただし、手紙や封書など切手を貼る必要がある郵便物については事前に切手を貼り付けて持ち込む必要があります

郵便局の窓口を利用するように代金を支払った後にスタッフが切手を貼り付けてくれることはありませんので、ご注意下さい。

終わりに

今回は、ゆうパックのコンビニ出荷について投稿しました。

郵便局への移動が大変な方や、土日にゆうパックを出荷したい場合には、お近くのコンビニを利用されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク