ゆうパックの土日発送はコンビニがお薦め! 郵便局よりも便利かも!?

ゆうパックの土日発送

ゆうパックで荷物を発送しようとしたものの、土日や祝日に郵便局が空いておらず出荷が出来なかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、土日でも荷物の出荷ができるゆうパックのコンビニ発送について投稿します。

スポンサーリンク

はじめに

ゆうパックは日本郵便が提供する荷物配達サービスですが、土日祝日の荷物発送については残念ながらヤマト運輸や佐川急便等のライバル会社と比較して勝手が悪いことを否定できません。

と言うのも、一部の大都市にこそ年中無休で営業する郵便局が存在するものの、身近にある小さな局のほとんどは休日営業に対応しておらず、営業していたとしても午前中だけのパターンが圧倒的に多いのが現状ですからね…。

そこでゆうパックのコンビニ発送が注目されるわけですが、何と、土日祝日でも平日と同様に荷物の発送が可能なのです。

ゆうパックのコンビニ発送

対応しているコンビニ

ゆうパックの発送に対応しているコンビニは①ローソン、②ミニストップ、③セイコーマートの3つですが、ローソンについては“ローソンストア100”や”ローソンマート”等のブランド名で出店している店舗も対象です。

近くの郵便局まで距離があり移動が大変な方でも、近所にこれらのコンビニがあれば簡単に荷物を発送することができるので、これを利用しない手はないでしょう。

ゆうパックを発送できるコンビニ

  • ローソン(ローソンストア100を含む)
  • ミニストップ
  • セイコーマート

発送可能なゆうパックの種類

コンビニ発送の対象となるゆうパックは①一般のゆうパック(元払・着払)と②ゴルフ・スキー・空港ゆうパックの2種類で、重量ゆうパックを発送することはできません。

また、セキュリティサービスや代金引換、チルド、あて名変換等のオプションを付加することもできませんが、通常の荷物を発送する上でこれらのサービスは必須ではないため、大きなデメリットになることはないと思います。

集荷時間

コンビニで荷受された郵便物が集荷されるタイミングは店舗ごとに異なり一概に何時と言うことはできませんが、1日2回、午前と15時頃に集荷が行われる場合が多いようです。

日本郵便に問い合わせてみたところ15~16時の集荷に間に合えば当日発送便として荷物がトラックに乗るらしく、早ければ翌日には配達が完了するとのこと。

逆に集荷時間が遅くなると集配局を出発するトラックへの積み込みに間に合わず、その翌日の便で荷物が輸送されますが、集荷された荷物がコンビニから集配局まで移動するのに時間がかかることがその理由です。

トラックが集配局を出発するのが18~19時頃なので15時以降はコンビニではなく直接郵便局に荷物を持ち込んだ方が早く配達される確率が高いようにも思えますが、事前にそのコンビニの荷物集荷時間を確認しておけばより円滑に手続きを行うことができるでしょう。

Point

  • 1日2回(午前と午後3時頃)集荷が行われるコンビニが多い
  • 午後3~4時頃までに荷物が集荷されれば当日便で発送される確率が高い

土曜日・日曜日・休日の取り扱い

土日や祝日に郵便局が営業していなくてもゆうゆう窓口が空いていればゆうパックを発送できるものの、ゆうゆう窓口は大きな郵便局にしかなく、さらには午前中で閉まるところも…。

これが原因で休日にはヤマト運輸や佐川急便などの運送会社を利用される方も多いのですが、コンビニからゆうパックを出荷すればその必要はありません。

コンビニでの郵便物の集荷は土日祝日を問わず毎日行われますので、その日の便に間に合うタイミング(前述の通り15~16時まで)に荷物を出すことができれば平日と同じく最短日数で荷物を届けることも可能なのです。

もちろんコンビニは365日24時間営業していますから、到着までの日数を気にしなければ時間を問わずいつでも荷物を出荷することが可能であり、これは大きなメリットと言えるでしょう。

持ち込み割引の適用

コンビニでゆうパックを出荷した場合にも持込割引が適用されます(初めから料金が120円引きに設定。領収証への記載はなし)。

持込割引とは、荷物を郵便局の窓口に持ち込むことで送料が120円値引きされるサービスのことですが、郵便局の窓口のみならずコンビニに荷物を持ち込んだ場合にも同様の割引を受けることができるわけですから、ますますコンビニを利用したくなってしまいますね。

なお、持込割引の他、1年以内にゆうパックを差し出した宛先と同一の宛先へ荷物を送る場合に適用される“同一あて先割引”と宛先が同一の荷物を複数発送する場合に適用される複数口割引を受けることもできます。

コンビニ発送で適用される割引サービス
割引サービス適用条件割引額(1個あたり)
持込割引荷物をコンビニに持ち込む120円
同一あて先割引1年以内にゆうパックを差し出した宛先と同一の宛先への発送60円
複数口割引同一の宛先に複数の荷物を発送60円

その他郵便物の発送

コンビニで発送できる郵便物

ゆうパックの他にもハガキや封筒等の郵便物、レターパックをコンビニで出荷することが可能ですが、あくまでもレジ近くや入口付近に設けられるポストに自分で投函する形であり、郵便物を店員に預けることはできません。

郵便局の窓口のように代金を支払った後に職員が切手を貼り付けてくれるサービスもないため、ハガキや封筒を差し出す場合は切手を貼ってから持ち込む必要があります。

また、ポストの投函口の高さは3.4ミリ〜4ミリですので、レターパックプラスに厚みのある荷物を入れた場合には投函できない可能性がありますので注意しましょう。

レターパックの購入と発送もコンビニが便利? 各社の取扱い状況のまとめ!
...

終わりに

今回は、ゆうパックのコンビニ出荷について投稿しました。

郵便局への移動が大変な方や、土日祝日にゆうパックを出荷したい場合には、お近くのコンビニを利用されてみてはいかがでしょうか。

生活
スポンサーリンク
管理人をフォローする
驚きの森

コメント