なぜクチャラーに!? “くちゃくちゃ”食べる原因と対策を考えてみた!

くちゃくちゃ食べる

皆さんは、家族や友人が“くちゃくちゃ”と音を立てながら食事をし、それを不快に思った経験はないでしょうか。

周囲にとっては何とも悩ましい問題ですが、今回は、彼らがくちゃくちゃ食べる原因とその対策を考えてみようと思います。

スポンサーリンク

クチャラーとは

クチャラーとは、その名の通り“くちゃくちゃ”と音を立てて食事をする人のことを言います。

食事をする時はどんなに気をつけても多少の咀嚼音が発生してしまうことは致し方ないのですが、彼ら“クチャラー”が発する音は一般の人の比ではありません。

物を噛みながら口を開けるため食事中は常にくちゃくちゃ音を発し周囲の人を不快にさせることも多々あり、子供ならばともかく大人がこれをやってしまうと人間性を疑われる可能性すら否定できない重大な事案なのです。

音を立てて食べる原因

クチャラーと呼ばれる人々がくちゃくちゃ音を立てながら食べる背景にはいくつかの原因があると言われています。

代表的な例を挙げると、①子供の頃に身につけた癖を持ったまま大人になった、②噛み合わせが悪く咀嚼音が漏れてしまう、③口呼吸のため無意識に口が開いてしまうなど。

②については先天的な問題でもあり、本人を責めるのは少々気の毒とも言えますが、①と③はかなり深刻かもしれません。

くちゃくちゃ食べる原因

  • 子供の頃からの習慣
  • 噛み合わせが悪い
  • 食事中に口呼吸をしている

子供の頃からの習慣(しつけの問題)

子供の頃に口を開けながら食べる癖を身に付けてしまい、そのまま成長してくちゃくちゃ音を立てて食べることが習慣になってしまったケースは多くあります。

“親のしつけの問題”とも言えるかもしれませんが、本人からしてみればくちゃくちゃ食べることが当たり前になっているから事態は深刻で、周囲が注意してもなかなか聞き入れてもらえないと言うパターンも珍しくありません。

こうして考えると子供を持つ親の対応は非常に重要なので、小さなお子さんをお持ちの方は食事の様子をしっかりチェックし、万が一口を開けながら食べていたら注意する必要があります。

幼い子供は本当に素直で、“いけないこと”と言われれば次はそれをしないように努力するものなので、多少きつく叱る事になったとしても将来のために毅然と対応しましょう。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪く、食事中の咀嚼音が周囲に漏れてしまうケースもあります。

前歯や下の顎が前に出ている人はしっかり唇を閉じることができず、咀嚼時に音が漏れてしまうことがありますが、これは先天的なものであり、本人を責めるのは少々酷かもしれません。

口呼吸

口呼吸が原因でくちゃくちゃと音を立てて食事をすると言うパターンもあります。

鼻炎などにより鼻が詰まっている人は鼻から空気を取り入れることができず、食事中にも口を開けて呼吸をすることになるのですが、やはり本人にとっては当たり前のことになっているため周りが注意してもなかなか聞き入れてくれません。

それどころか、本人にしてみれば“呼吸をするな”と言われているように感じられることもあるようで、“こうしないと上手く食べられないんだ”と逆ギレされることもあるとか(何とも恥ずかしながら私の父親がまさにこのパターンです…)。

毎度不快な思いをしている周囲の人間にとっては迷惑極まりない話ですが、根本的な解決を目指すには鼻炎の治療を行い、日頃から鼻で呼吸をする環境を整える必要があります。

クチャラーの心理

くちゃくちゃ音を立てて食事をする人たちは、総じてそれが周囲の人たちの迷惑になっている事に気付いていません。

彼らにとってはそれが当たり前になっており、自身の食べ方に何ら疑問を感じないことがその理由ですが、この無自覚が事態をより深刻にしていると言えます。

幼少期より当然の如く音を立てながら食事をしてきた人はもちろん、口呼吸が原因の人々の中には彼らが呼吸をするための正当な手段として食事中に口を開けていると考える人も多く、下手に注意されでもしたら機嫌を損ねる場合もあるから困ったもの…。

とにかく、この“無自覚”を何とかしない限りくちゃくちゃ音を立てて食べる行為をやめさせることはできないのです。

効果的な直し方は

全くの他人ならばいざ知らず、家族や職場の同僚、親しい友人の中にクチャラーがいるのならば、それは憂慮すべき事案と言えます。

周囲の人間が不快に感じることはもちろん、くちゃくちゃ音を立てて食べるのは社会人として完全にマナー違反であり、会社での人間関係にも悪い影響を及ぼす可能性がありますし、それが原因で友人を無くすかもしれません。

食べ方が原因でその人自身が最も損をすることになるのです。

前述の通り彼らには自覚がなく、自発的にその行為を改める蓋然性はゼロに近いため、周囲が本人の無自覚を指摘し、彼らの食べ方が周囲の人々を不快にさせている事実を、彼ら自身にとって何一つ益がない事を、だからくちゃくちゃ音を立てて食べてはいけないんだと言うことを気付かせてあげましょう。

もちろん、注意の仕方次第では本人の機嫌を損ねる可能性もあり、なかなか思い切って行動できないのが現実ではありますが、大切な人の事を思えばこそ、嫌われる覚悟で物を言う必要があるのだと思います。

終わりに

今回は、“クチャラー”と言われる人たちがくちゃくちゃ音を立てて食べる原因とその対策について投稿してきました。

結論として彼らの悪い癖を直すのに特別な方法などなく、周囲の人間が“くちゃくちゃ音を立てながら食事をしてはいけないんだ”と言うことを真剣に訴え、本人の自覚を促すことが唯一の解決策なのではないでしょうか。

生活
スポンサーリンク
管理人をフォローする
驚きの森

コメント