テレビを売却したい! でもB-CASカードはどうするの!?

テレビ

オークション等で不要なテレビを処分したいけれど、”B-CASカード”の扱い方にお困りの方も少なくないと思います。

B-CASカードは売却できないとも言われていますが、売却時の対処法を調べてみました。

スポンサーリンク

B-CASカードとは

はじめに、B-CASカードとは何なのかを確認しておきましょう。

B-CASはB-CASが発行するICカードであり、デジタル放送受信機、つまりテレビに同梱されていますが、カードのICチップには固有のID暗号解除キーがインプットされています。

デジタル放送やCS放送では、放送電波が暗号化されて送られてくるのですが、B-CASカードによりその暗号を解除することができると考えて下さい。

逆を言えば、テレビを用意してもこのB-CASカードがなければ電波の暗号解除ができず、放送を視聴することができないのです。

取り扱い方法特別なことはなく、テレビに設けられた差し込み口にB-CASカードを差し込むだけでOK。

細かなことを抜きにしても、テレビとセットで使用するものと考えてよいでしょう。

売却禁止

テレビを視聴する上ではB-CASカードの扱いに特別のことはありませんが、テレビを売却する場合には、少々厄介なことに。

と言うのも、B-CASカードの所有権はB-CASにあり、転売した場合には著作権法違反に問われるらしいのです。

よって、オークションやリサイクルショップでテレビを売却する場合には、テレビからB-CASカードを取り出し、本体のみで販売しなければなりません

特に、リサイクルショップを利用する場合には、”B-CASカードがないと査定に影響します”など謳っている業者もあるので要注意。

オークション落札者にカードの同梱を求められた場合にも、後々トラブルになる可能性を否定できないので、毅然と対応しましょう。

ちなみに、B-CASカードが同梱されない中古テレビを購入した場合には、B-CAS社へ連絡してカードの再発行手続きを行えば、問題なく視聴することができます。

もちろん、カード単体での転売も禁止されていますし、不正改造などの温床となる可能性もあるので注意して下さい。

使用者の変更

B-CASカードを売却することはできませんが、使用者を変更することは可能。

よって、この手続きを行えば、カードが付属した状態でテレビを譲渡または売却することができます

変更の手続きは、テレビを譲渡される方、新たに入手される方のどちらが行っても構いませんが、B-CASカスタマーセンターへお電話下さい。

ただし、オークションを利用する場合は、落札者が確実に変更手続きを行う保証がない以上、出品者が事前に手続きをするのがよいと思います。

もちろん、B-CASカードなしで売却すればそれで済むことではありますが・・・。

また、リサイクルショップへテレビを売却される方も、この辺りをいい加減にしている業者がないとも限りませんので、注意が必要です。

B-CASカードの付属を求められた場合は、業者が変更手続きをしっかりと行っているかどうか、事前に確認するようにしましょう。

返却・処分

テレビ本体のみを売却した場合は手元にB-CASカードが残りますが、規格が合えば他のテレビへ挿入して使用することもできます。

不要であればB-CASへ連絡して返却手続きを行いますが、自ら破棄することも可能であり、その場合はゴールドのICチップ部分にハサミを入れて切断して下さい。

とは言え、別に場所を取るものではないので、無理に処分する必要もないでしょう。

終わりに

テレビを処分する場合、中々面倒なB-CASカードの扱いですが、テレビのみで売却することや、カードを付属する場合には使用者の変更の手続きをしっかりと行いましょう。

カードの不正改造による逮捕者も出ているようなので、くれぐれもトラブルに巻き込まれることがないよう、確実に対応したいところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク