猫は虫歯にならない!? でも歯が黒く見える意外な理由とは…?

猫の歯

虫歯の治療を受けていらっしゃる方も少なくないと思いますが、今回は猫の歯について投稿しようと思います。

猫は虫歯にならないと言う意見も多い様ですが、本当なのでしょうか。

スポンサーリンク

猫の虫歯

はじめに結論を述べれば、猫は基本的に虫歯にならないと言われています。

もちろん、その可能性が全くないと言うわけではないようですが、その確率は極めて低いとのこと。

そもそも虫歯の原因となる菌は酸性の環境で繁殖するのですが、猫の口内はアルカリ性であるため、菌が繁殖し難いのです。

口内が弱酸性であり、すぐに虫歯になってしまう私たち人間はだいぶ違うようですね。

また、歯の形状にも理由があるらしいのですが、猫の歯は人間と違って尖っているため、菌が溜まり難いのです。

猫の食事はタンパク質中心で、餌に含有される炭水化物の量が少ないこともその理由と考えららますが、その他の理由については以下を参照して下さい。

猫が虫歯になり難い理由
  • 口内環境がアルカリ性
  • 食事に含まれる炭水化物が少ない
  • 歯が尖っているので細菌が溜まり難い
  • 基本的に甘いものを食べない

歯が黒い原因

猫が虫歯になり難いとは言うものの、歯が黒っぽく見えることがあります。

人間の場合、歯が黒く見える時には既に虫歯が進行しているケースが多いだけに、心配になってしまいますよね。

これについては、虫歯ではなく、歯の表面に汚れや食べ物の色素が付着した状態であると考えられます。

とりあえずは一安心・・・。

とは言え、万が一虫歯になっていれば大変ですし、歯茎や歯の付け根が黒くなっている場合には重度の歯周病も疑われますので、獣医に診てもらうのがよいかもしれません。

歯周病

猫が虫歯になり難いとは言え、歯周病になる可能性は十分にあります

可能性があるどころか、3歳以上の猫の約80%が歯周病にかかっていると言うのだから、その罹患率はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

歯に歯石が溜まることから始まり、やがては歯周病へと発展するのですが、歯茎が炎症を起こし、猫自身も大変な苦痛を味わうことになります。

そればかりか、口内の細菌が全身へ廻り、心臓や肝臓へ悪影響を与える可能性も

意外に知られていないことではありますが、たかが歯周病と軽く考えることは、許されないのです。

大切な愛猫のためにも、虫歯にならないからと言って安心するのではなく、歯周病予防をしっかりと行うようにしましょう。

終わりに

猫と虫歯との関係をご理解いただけたでしょうか。

虫歯よりもむしろ歯周病が怖いのですが、素人では対処が難しいことも事実ですので、気になる方はかかりつけの獣医に相談するのがよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク