資格なしでも動物病院の看護師になれるって本当なの!?

動物看護師

先日、かかりつけの動物病院の看護師求人広告を見たら、経験・資格不問と記載されており、驚きました。

本当に資格なしで大丈夫なのでしょうか。

スポンサーリンク

動物看護師

動物病院で看護師として働く人たちを動物看護師と呼びます。

主な仕事は、獣医の指示のもとでの診療補助やカルテ作成、受付対応、病院内の清掃など様々。

ペットを飼っている方であれば、かかりつけの動物病院で実際に看護師さんたちの仕事を見ているでしょうから、イメージしやすいですね。

いずれにせよ、獣医師さん同様、病院経営には欠かすことのできない存在と言えるでしょう。

資格

先に結論を述べれば、少なくとも現時点では、資格がなくても動物看護師になることは可能と言えます。

詳細は以下で説明しますが、まずは、人間の看護師資格と動物看護師資格の違いを確認しておきましょう。

ご存知の通り、看護師免許を取得するには看護師試験(国家試験)に、准看護師免許の場合は准看護師試験(知事試験)に合格しなければなりません。

正看護師と准看護師の違いとは!? 給料や仕事内容の差は大きい?
最近は看護師を志望される方が多いと聞きますが、同じ看護師資格でも正看護師と准看護師の2つがあることをご存知でし...

両免許ともに公的資格ですから、看護師又は准看護師として働くにはこれらの資格は必須。

それに対し、動物看護師の資格は、民間の団体が実施する試験に合格することで取得することができる民間資格なのです。

各団体が行う試験に合格した者に対し、その団体から動物看護師の資格が付与されるわけですから、看護師のレベルにもバラつきが生じることに・・・。

試験の難易度もそれぞれなわけで、当然と言えば当然ですね。

公的資格ではないのですから、たとえ資格を持たない者でも、動物病院が採用さえすれば勤務が可能

つまり、資格なしでも動物看護師になれるのです。

公的資格化への動き

近年、動物看護師の公的資格化を目指す動きがあります。

動物病院の診療に看護師の存在は不可欠ですし、家畜衛生などの公務に勤める医師の数が不足していることもあり、これまでも、獣医を補助する専門職の必要性が指摘されてきました。

そこで2010年、農林水産省発表の獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針に、動物看護師の身分確立、必要知識の標準化、資格制度の見直しの必要性が明記されたのです。

このような流れの中で、2011年、動物看護師統一認定機構が設立され、これまで各民間団体が実施していた試験と資格の認定を行うようになりました。

実施団体ごとにバラバラだった試験の内容が統一されたと言うわけですね。

その試験に合格した者には、認定動物看護師の資格が付与されるのですが、受験するには、専用のカリキュラムが導入された教育機関を卒業する必要があるとのこと。

また、書類審査による、従来の動物看護師資格(民間団体により付与されたもの)から認定動物看護師への移行措置も行われていましたが、現在は終了しています。

これらの動きを見る限りでは、動物看護師の公的資格化がかなり加速しているようにも思えますが、実現するかどうかは不透明。

実現は不可能と考える人も多いようですし、公的資格化を見越して認定動物看護師資格の取得を目指す人もいるようです。

いずれにせよ、統一認定機構ができたとは言え、現段階では動物看護師資格は公的資格ではありません。

よって、現時点では、資格の有無に関わらず動物看護師になることができることに何ら変わりはないのです

採用

資格がなくても動物看護師として働くことができることをお分かりいただけたと思いますが、採用への影響が気になる方も多いと思います。

普通に考えれば、民間の資格とは言え、無資格者よりは採用されやすいのではと思われるでしょうし、先述の公的資格化へ向けた動きも気になりますよね。

結論を言えば、この採用についても、少なくとも現時点では、動物看護師資格の有無をそれほど気にする必要はないようです。

病院としても、資格の有無よりも本人のやる気を重視する傾向にありますし、離職率も低くないらしいので、急に人員が必要になるケースも少なくないとのこと。

そのような状況では、資格を持つ人が現れるまで待つことも難しいですから、無資格者が採用されても不思議はありません。

(そう言えば、近所の動物病院も頻繁に看護師を募集しているような・・・。)

また、何よりも経験と実績が重視されるようです。

”資格を持っていても使えない人はダメ、資格なしでも長く勤務している人は仕事ができる”と言う現場の声が多いことも、これを物語っているのではないでしょうか。

病院が先述の動物看護師の公的資格化に対応できているかどうかにも、疑問が残ります。

将来のために認定動物看護師を採用しようにも、その看護師がそれまで勤務し続けるかどうかはわかりません。

(そもそも、動物看護師の公的資格化自体が不透明・・・。)

まして、人手不足の状況ではとにかく人員を確保しなければならないのですから、資格にこだわることも難しいはず。

このような現状を考えれば、少なくとも現時点で、動物看護師資格の有無が採用に大きな影響を与えることはないと言えるのではないでしょうか。

終わりに

動物看護師になるために必ずしも資格が必要ないことをご理解いただけたでしょうか。

一方で、動物看護師の公的資格化の可能性があることも事実ですから、動物病院での勤務をお考えの方は、その動向を注視することも大事だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク