iPad Air2整備済製品の購入体験談! Macと違いデメリットも!?

iPad Air2整備済製品

これまでも何度かMac整備済製品を購入したことを投稿しましたが、今回はiPadの整備済製品を購入してみました。

早速その体験談をお伝えしたいのですが、Macとは異なり意外なデメリットも!?

スポンサーリンク

購入モデル

今回購入したのはiPad Air2ですが、音楽データを保存する都合もあり128GB Wi-Fiモデルを選択しました。

カラーはゴールド、型番は新品で言うところのMH1J2J/Aに該当しますが、整備済製品であると言う理由なのか箱には”FH1J2J/A”と記載されています。

これまで特に意識したことはありませんでしたが、Macの場合にも新品と整備済製品で型番が異なるのかどうか気になるところですね。

価格

購入価格は44,900円(税抜)ですが、消費税8パーセントを加えると48,492円。

決して安い買い物ではありませんが、新品価格がネット通販でも56,000円を下回らない状況を考えれば、7,000円ほど安く購入できる計算です。

実際に交渉したわけではありませんが、Macの購入で驚くほどの値引きをしてもらえるケーズデンキでもここまでの値引きは難しのではないでしょうか。

iPad Air2 iPad Pro 9.7
新品 整備済製品 新品 整備済製品
16GB 販売終了 34,700円 32GB 62,800円 53,400円
32GB 42,800円 調査中 128GB 72,800円 61,900円
64GB 販売終了 40,600円 256GB 82,800円 70,400円
128GB 52,800円 44,900円

※ いずれもWi-Fiモデル。価格は税抜。

参考までに上の表をご覧いただきたいのですが、iPad Air2は約8,000円、iPad Pro9.7インチは9,000~12,000円ほど整備済製品の方が安いようですね。

在庫状況

iPadは人気商品であり、日常的にかなりの新品が販売されていることはご周知の通り。

よって、不具合など何かしらの理由によって返品される個体数もそれに比例して多くなるため、整備済製品の入手はそれほど難しくありません。

私は毎日Apple整備済製品の販売状況を調査していますが、平均して1週間に1回、少なくとも2週間に1回の頻度で販売ページに登場しているようです。

同時に10点以上の商品が販売されることもありますが、整備済製品はやはり人気が高く、すぐに売り切れてしまうことが難点でもありますが…。

整備済製品の購入を目指される場合は、確実に入手できるよう定期的にAppleホームページをチェックするようにしましょう。

デメリット

新品同様の品質を持つApple製品を割安で購入できることが整備済製品の大きな魅力ですが、iPadについてはデメリットもあることがわかりました。

具体的には商品のコンディションの問題なのですが、今回私が購入した個体について言えば、液晶に数カ所傷が付いた状態で納品されたのです。

もちろん、注意して見なければわからない程度のものであり、使用とともに多少の傷が付くのは自然なことではありますが、神経質な方は購入を控えるべきかもしれません。

Macとは異なり、新品との価格差がそれほど大きいわけでもないですからね…。

ちなみにAppleに問い合わせたところ、iPadに限ったことではなく、Macも含め整備済製品には多少の傷や汚れが付いている可能性があり、それも考慮した上で新品よりも安く販売しているとのこと。

今後はそれらの個体に当たらないように祈りたいと思います。

開封レビュー

いつも通り、開封レビューも載せておきたいと思います。

iPad Air2開封の様子

外箱を開けると白い内箱が見えますが、ダメージを受けないようしっかりと保護されているので安心ですね。

iPad Air2開封の様子

整備済み製品なので、箱に商品の画像はありません。

iPad air2整備済製品の箱

定番の”Apple Certified Refurbished”の文字(この画像載せるの何度目だ!?)

iPad Air2整備済製品開封の様子

本体はシートに包まれていますが、とても綺麗です。

iPad Air2整備済製品開封の様子

液晶に数カ所小さな傷が付いていましたが、細かいことは気にせず行こう!

iPad Air2開封の様子

付属品は充電アダプタとライトニングケーブルくらいですが、こちらにもわずかながら使用感がありました。

終わりに

iPad整備済製品のメリットと意外なデメリットをご理解いただけたでしょうか。

個人的にはそれほど気にする必要もないと思いますが、実際にApple製品を購入する場合は、後悔しないようにしっかりと検討したいところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク