駐車場にも消費税が!? 課税の場合と非課税の場合の違いを解説!

駐車場

土地を駐車場として貸し出し収益を得ている方も少なくないと思いますが、消費税の支払いはいかがなされてるでしょうか。

今回は、この駐車場と消費税の関係について投稿しようと思います。

スポンサーリンク

駐車場と消費税

土地の譲渡、貸付は原則として非課税ですが、駐車場その他施設の貸付に伴い土地が利用される場合には課税の対象とされています。

その場合、土地の所有者は消費税を納付しなければなりませんが、消費税は店舗で商品を購入の際に支払うイメージが強いので、驚かれる方も多いはず。

しかし事実、①アスファルト舗装や砂利引きが行われている、②フェンスや駐車マスが整備されている場合は、”駐車場その他施設の貸付に伴い土地が利用される場合”に該当するのです。

一方、同じく駐車用に土地を貸し付けていても、上記のような整備を行っていない場合、いわゆる青空駐車であれば課税の対象とはなりません。

よって、特に手を加えることなく、空き地を駐車場として貸し出しているようなケースでは、消費税を納付する必要はないと考えてよいでしょう。

土地の利用状況 課税の有無
駐車場用に整備されている場合(舗装、砂利引き、駐車ます、フェンス等) 課税の対象
特に整備なし(青空駐車) 非課税

アパートの駐車場

アパートやマンション等の駐車場については、駐車場も含めて住宅が貸し出されていると考えられるため、原則として消費税の課税対象ではありません。

ただし、①入居者1戸当たり1台分の駐車スペースがある、②全戸に駐車場が設けられている、③住宅分の家賃と駐車場代を分けていない、の3つの条件全てを満たす必要があります。

どれか1つでも条件を逸脱してしまうと貸主に納付義務が生じますので、注意して下さい。

免税事業者

駐車場の貸し出しに消費財が課税されるケースでも、貸主が免税事業者であれば消費税の納税を免除されます

免税事業者とは、一定期間における課税売上高(消費税の課税対象となる売上高、税抜価格)が1,000万円以下の事業者のこと。

また、一定の期間とは、原則として前々年度の事業を指します。

よって、使用していない土地を利用し、車数台程度用の駐車場として土地を貸し出しているようなケースでは、消費税を納める必要はないでしょう。

終わりに

今回は、駐車場と消費税の関係について書いてきました。

土地を貸している方はもちろん、借りている方も消費税を請求された場合には支払う必要があることを理解して欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク