豚の角煮に適した部位は!? バラ・肩ロース・ももで実験してみた!

豚の角煮

豚の角煮と言えばバラ肉を使用するのが一般的ですが、その他の部位を使ったらどうなるのか気になる方も少なくないと思います。

そこで、それぞれの部位ごとに調理し、味を比較してみました。

スポンサーリンク

はじめに

今回使用したのは、①バラ、②肩ロース、③ももの3つの部位ですが、いずれも国産豚のかたまり肉を使用。

もちろん、肉、砂糖や醤油などの調味料の量を全て同じに統一しています。

調理方法に特別のことはありませんが、さっと下茹でしたかたまり肉、各種調味料を圧力鍋に入れ、約40分煮込むだけ。

圧力鍋での加熱時間は人により考え方が異なるようですが、30~50分の間であれば問題ないと思います。

なお、使用した調味料を以下に載せますが、味の好みは人それぞれなので、あくまでも目安とお考え下さい。

本投稿は、豚の角煮のレシピを紹介するものではありませんしね(笑)。

使用した調味料等
  • 豚かたまり肉:500g
  • 醤油:120cc
  • 砂糖:120cc
  • 酒:50cc
  • みりん:10cc
  • 酢:5cc
  • 水:600cc

実験結果

バラ

こちらは定番中の定番だけあり、何の問題もなく美味しく出来上がりましたが、肉も柔らかく、脂も乗っていて言うことなし。

角煮といえばバラと言われることにも納得できてしまいます。

ただし、脂肪が多いので、ダイエット中の方や健康を気にされる方にとっては、少々気になるところかもしれません。

肩ロース

豚 肩ロース

続いては肩ロースですが、こちらも悪くありません。

と言うか、むしろバラよりもこちらの方が美味しいのではないかと思えるほどの出来で、驚きました。

肉も柔らかいですが、脂脂の量はバラよりは少なめ

よって、ダイエット中の方や、健康を気にされる方でも安心して食べることができるのではないでしょうか。

また、バラ肉の場合はほとんどが脂身の商品が売られていることもありますが、肩ロースはしっかりと肉が付いていますので、お得感がありますね。

”角煮と言えばバラ”と言われていますが、肩ロースでも美味しく食べることができると断言できます。

もも

こちらも美味しく食べることができましたが、バラや肩ロースと比較すればかなり異なる印象を受けました

と言うのも、ももは肉質が硬い部位なので、”角煮特有の柔らか”さに欠けてしまうのです。

また、脂肪が少ないこともあり、淡白な味わいになることも特徴ですが、このあたりはバラや肩ロースには遠く及びません。

ダイエット中の人にとってはよいかもしれませんが、本来の”角煮”とはだいぶかけ離れてしまうように思えます。

終わりに

今回の実験で、①バラ肉と②肩ロースが最も角煮に適していることがわかりました。

カロリーを気にされる方や、肉の部分を多く食べたい場合には、肩ロースを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク