看護師と看護士はどっちが正しい!? 両者に意味の違いはあるの?

看護師

“看護師”と“看護士”、どちらも看護を行う人、つまり“ナース”を表す言葉のように思えますが、なぜ2つの表現が存在するのでしょうか。

今回は両者の意味の違い、普段どちらを用いるべきなのかを考えてみようと思います。

スポンサーリンク

はじめに

“師”と“士”の漢字の違いこそあるものの、看護師と看護士はいずれも看護を行う人を指す言葉であり、英語にすれば両者とも“nurse(ナース)”と表記されます。

ところが、現在は看護士ではなく看護師と表記するのが正しいとされているようで、これはもう何が何だかわかりませんね…

このような奇妙な状況を理解するには我が国における看護師制度についての知識が必要になるのですが、詳細を以下で解説します。

看護士

“看護士”は、女性の看護人を“看護婦”と呼ぶのが一般的だった時代の男性看護人の呼称です。

1948年に交付された“保健婦助産婦看護婦法”において女性の看護人を“看護婦”と呼ぶことが、さらに1968年の法改正で男性の看護人を“看護士”と呼ぶことが規定されたのを起源としますが、今から48年前のことでしょうか。

それから同規定が次に変更される2002年までの35年間は、女性の看護人が“看護婦”、男性の看護人は“看護士”と使い分けがなされ、“看護士”は2つの呼称のうちの一方だったと言うわけですね。

なお、2002年以降(最新の規定変更後)の事情については続きをお読み下さい。

看護師

2002年の法改正を受け、男性の看護人を看護士、女性の看護人を看護婦と呼ぶ従来のルールが廃され、男女問わずに“看護師”と呼ぶことが規定されました

これにより、現在では男女関係なく“看護師”が用いられるのですが、看護婦と看護士が看護師に統一されたと考えれば解りやすいでしょう。

同時に、以上の様に“看護師”と“看護士”の関係を歴史を辿りながら解明することで、“看護婦”と言う言葉が最近使われなくなった理由もご理解いただけると思います。

1968~2002年 男性 女性
看護士 看護婦

2002年~ 男性 女性
看護師

終わりに

“看護師”と“看護士”、そして“看護婦”の関係をご理解いただけたでしょうか。

いずれの表現を用いても大きな支障が出ることは考え難いですが、書面など正式な表現が求められる状況では“看護師”と表記するのが無難かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク