郵便物(ゆうパック/レターパック)の宛先間違いの対処法を紹介!

ゆうぱっく

今回は、封書や定形外郵便などの郵便物の宛先を間違えて書いてしまった場合の対処法について投稿しようと思います。

レターパックやゆうパックにも使える方法を紹介しますので、最後まで読んで下さいね。

スポンサーリンク

宛先間違い

はじめに、郵便物の宛先を間違えて書いてしまった場合の流れを確認しておきたいのですが、宛先間違いと言っても、実際には下にあるように何通りかのケースが考えられます。

  1. 郵便番号を間違えた
  2. 地名や番地を間違えた
  3. 相手住所の情報が不足している

まずは①の郵便番号を間違えた場合ですが、郵便物は記載した住所が正しければ問題なく届くので、それほど心配する必要はないでしょう。

②のケースでは、記載した住所が実在すればそちらへ配達される可能性がありますが、住所が存在しない場合には差出人へ返却されます

最終的に郵便物が差出人の元へ戻るまでには、1週間~10日ほどかかると思って下さい。

また、実在の住所へ誤配達された後に受取人がその旨を郵便局へ申告した場合にも、差出し人のもとへ郵便物が返却されます。

③の場合には、宛て名や記載されている住所をもとに正しい配達先を特定する努力がなされるものの、それでも配達が難しければ差出人のもとへ戻ることに。

日本郵便の配達能力は非常に優秀で、必要な調査を行い、可能な限り郵便物を届けようと頑張ってくれるらしいのですが、必ず届くとは言えないようです。

いずれの場合も、差出人の住所をしっかりと記載しておけば最終的に郵便物が戻る確率が高いですが、大切な郵便物が手元を離れ転々とすることには不安を感じずにはいられません。

郵便物が戻らないと言う最悪のパターンを避けるためにも、宛先の記載の間違いに気が付いた時点で適切に対処する必要があるのです。

対処法

郵便

郵便物の宛先を誤って記入してしまった場合、宛て名変更取り戻し請求の手続きをすることができます。

宛て名変更は宛先の情報の変更を請求できる仕組み、取り戻し請求は差し出した郵便物の取り戻しを請求できるシステムを言いますが、まさに名前の通りですね・・・。

宛て名変更、取り戻し請求ともに郵便局窓口で手続きを行いますが、全国どの郵便局でも手続きが可能です。

ただし、郵便物の配達を担当する郵便局に請求する場合は410円、その他の郵便局に請求する場合には570円と、発生する手数料に差がありますので注意して下さい。

なお、取り戻し請求については、当該郵便物が差し出し地の集配局を出発していなければ無料で取り戻すことができます

タイミングが早ければ早いほどよいので、宛先の記載間違いに気が付いたら、迅速に行動するようにしましょう。

手数料
配達局へ請求する場合 その他の局へ請求する場合 郵便物が差し出し地の集配局にとどまる場合
宛名変更 410円 570円
取り戻し請求 410円 570円 手数料なし

ゆうパック

対象郵便物がゆうパックの場合にも、宛て名変更や取り戻し請求をすることができます。

やはり郵便局窓口での手続きが必要のようですが、郵便物が既に配達準備に入っている場合は、事前に電話で事情を説明すると配達を中断してもらえるケースもあるとのこと。

郵便局の相談センターに電話する場合も、窓口へ駆け込む場合にも迅速に行動しましょう。

郵便局お客様相談センター

0120-23-28-86(携帯:0570-046-666)

レターパック

当該郵便物がレターパックの場合にも宛て名変更や取り戻し請求ができますが、実は、私自身がレターパックで宛先住所の番地を書き忘れた経験があるのです。

その時は、問い合わせ窓口にその旨を伝え、郵便物が配達局へ到着した時点で配達局から連絡をもらうことができました。

そこで番地の記載漏れを伝えたところ、配達郵便局の方が書き加えてくれたのです。

結果的に宛て名変更してもらったことになると思うのですが、窓口へ出向くことなく電話1本で全てが完結しましたし、手数料も全く発生していません

郵便物がレターパックだったからなのか、最後の番地が記入されていないだけだったからなのかはわかりませんが、とてもラッキーでしたね。

このようなケースもありますから、宛先情報の記載間違いに気付いたら、まず電話で問い合わせてみるのがベストだと思います。

終わりに

今回は、郵便物の宛先情報を間違って記載た場合の対処法について書いてきました。

とにかく、宛先情報に誤りがあることを伝えることが大切ですので、まずは郵便局お客様相談センターに電話するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク