“新型MacBook Pro13インチ”をレビュー! 噂のキーボードの使用感は!?

新型MacBook Pro13インチ

先日、ヤフオクで新型MacBook Pro13インチを落札することができたので早速そのレビューを投稿したいと思います。

“キーボードが打ちにくい”など批判的な意見も多いようですが、果たしてその真相は…!?

スポンサーリンク

購入モデル

今回購入したのは、MacBook Pro13inch,Late 2016のタッチバー非搭載モデル。

本体カラーはシルバーとスペースグレイの2種類が用意されますが、ヤフオクで適当に入札したところ格安で入手できた経緯もあり、迷うこともなく前者になりました。

タッチバーなし タッチバーあり
CPU Core i5-6360U/Core i7-6660U Core i5-6267U/Core i5-6287U/Core i7-6567U
メモリ 8GB/16GB 8GB/16GB
SSD 256GB/512GB/1TB 256GB/512GB/1TB
価格 148,800円~(税別) 178,800円~(税別)

スペック

エントリーモデルだけあり、CPUがCore i5-6360U(2.0GHz)、メモリが8GB、ストレージ容量は256GBとシリーズの中でも最小限の装備が搭載されます。

採用されるCPUが旧型、Early,2015よりも1世代新しくなったものの、処理能力の違いはほとんどないとのこと(何故か“Pass Mark”発表のスコアによると大きく性能がアップしていることになっているのですが…)。

  13 Early,2015 13 Late,2016
タッチバーなし タッチバーあり
CPU型番 Core i5-5257U Core i5-6360 Core i7-6660U Core i5-6267U Core i5-6287U Core i7-6567U
周波数 2.7-3.3GHz 2.0-3.1GHz 2.4-3.1GHz 2.9-3.3GHz 3.1-3.5GHz 3.3-3.6GHz
スコア Single 3,502 3,625 3,889  3,790 3,923  4,017 
Multi 6,607 7,060 7,656  7,495 7,790  7,975 

※ CPUスコアは“Geekbench”に掲載されるデータを引用

いずれにせよ、私のようにブログ更新と画像編集程度の作業しか行わないユーザーにとっては十分過ぎる能力を有しているのですが、現に先日まではMacBook Airを使用していたわけですし、さらにCPU性能が落ちるMacBook12インチでも普通に作業ができますからね(笑)。

動画編集のようなヘビーな作業を短時間で行いたい場合にはカスタマイズでCore-i7を選択する、あるいはより高性能のCPUが搭載されるタッチバーモデルを選択するのも良いかもしれませんが、値段が3万円も高くなることを考えてもこちらがベストではないでしょうか。

使用感

体感速度の向上

私が購入したのはエントリーモデルと言うこともあり、旧型と比べてCPUの処理能力が劇的に向上したわけではないことを確認しましたが、何も違いを感じないのかと言われれば決してそのようなことはありません。

特にアプリケーションの起動速度の向上が顕著で、Mac起動後にノートンセキュリティが完全にスタンバイ状態になるまでの時間などは明らかに短縮されています。

もちろんCPUの性能に影響される部分もあると思いますが、それ以上に内蔵SSDのリンク速度が大きく向上(Early,2015は5.0GT/s、Late,2016は8.0GT/s)したことによる恩恵を受けていると考えて間違い無いでしょう。

以上のこともあり、MacBook Pro13 Early,2015よりもさらに快適性がアップしている印象を受けています。

拡張性

多くのユーザーによりその脆弱性が指摘されているのが拡張性であり、この新型MacBook Pro13インチに搭載される外部機器との接続端子はUSB Type-Cポート2つのみ

15インチと13インチタッチバーモデルを選択するとポートが4つに増えるものの、依然として多くの外部機器に採用されるUSB Type-Aの接続ポートやこちらも使用機会が多いSDカードの挿入スロットはありません。

この拡張性に対して疑問を抱き、新型が発売された現在でも、CPUやSSD、ディスプレイ性能が劣る“MacBook Air”もしくは“旧型MacBook Pro”を選択するユーザーが多いことは皆さんご周知の通りですが、さらにUSB Type-Cポートが充電用ACアダプタのケーブル挿入口を兼ねるため、私が所有する13インチタッチバーなしモデルの場合、充電中に使用できるUSBポートはたった1つだけ…。

もちろん、ハブを使用することで全ての問題が解決するのですが、余計なスペースを取りますし、やはりこの拡張性ついてはMacBook AirやMacBook Pro Early,2015に遠く及ばないような気がします。

キーボードの印象

新型MacBook Proの購入を検討される方が最も気になるのがタイピングのしやすさだと思いますが、搭載されるのはMacBookにも採用されるバタフフライ式キーボードで、ストロークが非常に浅く、キーを押す感覚が乏しいことが最大の特徴と言えるでしょう。

キーに軽く触れることでタイピングを行うことになるため、従来のようにキーをしっかり押し込む動作に慣れているユーザーの中にはこれに適用できず、この新型のキーボードを酷評する方が多いことは皆さんもご存知の通りだと思います。

それらの評判を耳にしていたため、私自身も新型を購入する予定はなく、MacBook Airと旧型MacBook Proを使用し続ける予定だったのですが、興味半分で新型を使用してみると圧倒的にタイピングしやすいことに驚きました。

“慣れるまで多少時間がかかる”と言う意見も多いですが、使用を開始してすぐに慣れました…と言うか慣れる云々ではなく、初めから完全にフィットしましたね(笑)。

この新型MacBook Proの使用を開始する1時間前までMacBook Airでブログを作成していた私が何の問題もなく適用できたわけですから、Macユーザーが乗り換えるにあたりトラブルが生じるとはとても思えません。

ちなみに、キーストロークが浅いとは言えMacBook12インチよりは幾分深く押し込める構造になっており、“パチパチッ”と言うタイピング音が少々大きい印象がありますがMacBook Airや旧型MacBook Proに搭載されるシザー構造のキーボードと比べればかなり静かなのでご安心下さい。

携帯性

新型MacBook Proのサイズは、304.1mm(幅)×212.4mm(奥行き)14.9mm(厚さ)と旧型やMacBook Air13インチよりもさらにコンパクトになっています。

重さも1.35kgとMacBook Air13インチよりも軽く、ProでありながらもAirのように持ち運びができることが最大の特徴とも言えますが、多くのパーツが小さなボディに凝縮されているせいか、そこまで“軽い”と言う印象を受けませんでした

普段MacBook12インチを持ち歩いていることもあるのでしょうが、劇的な軽さを求めてしまうと少々期待ハズレに終わってしまうかもしれませんね。

とは言え、旧型よりも携帯性が向上したことは紛れもない事実ですから、高く評価して良いと思います。

デザイン

デザイン性も大幅に向上していますが、ボディがコンパクトになったことと厚さがより薄くなった影響を受け、かなりスタイリッシュな印象を受けます

また、スペースグレイと言う新たなボディカラーが導入されたことで選択の幅が広がったこともユーザーにとっては嬉しいことですね。

一方、従来の光るタイプではなく鏡面使用になったりんごのマークとシルバーのアルミボディの調和感が今ひとつのようにも思えるのですが、これが次第に見慣れてくるのかどうかは今のところわかりません。

総合的に十分に満足できる素晴らしいデザインなのですが、個人的には、“新型にこれまで通りの光るりんごマークがあれば最高なのに”と思ってしまいます。

価格

13インチには従来通りファンクションキーを備えたモデルとタッチバー付きのモデルが用意されますが、搭載されるCPU、SSDやメモリの容量によって価格が異なります。

今回私が購入したのは最もベーシックなモデルであるものの、定価が税抜148,800円とかなり高額に…。

カスタマイズするとさらに価格が跳ね上がり、タッチバーモデルについては30万円近くに達する可能性もありますが、量販店での購入ができないため値引き交渉によるディスカウント獲得を期待することもできません。

やはり整備済製品を狙うのが最良と思われますが、ヤフオクでエントリーモデルを送料無料の税込132,000円で落札することができたことからも、オークションを利用するのも1つの手ではないでしょうか。

Macが安く買える? Apple整備済製品のメリットとは!?
Mac、i Pad、i Podと、多くの人気製品を製造販売しているAppleコンピューターですが、稀に整備済製...

・MacBook Pro 13 Late,2016 Touch Barなし

CPU メモリ/SSD 価格(税別)
新品 整備済製品
Core i5-6330U(2.0GHz) 8GB/256GB 148,800円 126,000円
8GB/512GB 168,800円 142,800円
 8GB/1TB 208,800円
16GB/256GB 168,800円 142,800円
16GB/512GB 188,800円 159,700円
16GB/1TB 228,800円
Core i7-6660U(2.4GHz) 8GB/256GB 178,800円
8GB/512GB 198,800円
8GB/1TB 238,800円
16GB/256GB 198,800円 168,700円
16GB/512GB 218,800円 185,500円
16GB/1TB 258,800円 219,300円

MacBook Pro 13 Late,2016 Touch Bar付き

CPU メモリ/SSD 価格(税別)
新品 整備済製品
Core i5-6267U(2.9GHz) 8GB/256GB 178,800円  152,000円
8GB/512GB 198,800円  169,000円
8GB/1TB 238,800円  202,800円
16GB/256GB 198,800円  168,900円
16GB/512GB 218,800円  
16GB/1TB 258,800円  219,700円
Core i5-6287U(3.1GHz) 8GB/256GB 188,800円  
8GB/512Gb 208,800円  
8GB/1TB 248,800円  
16GB/256GB 208,800円  176,800円
16GB/512GB 228,800円  185,900円
16GB/1TB 268,800円  
Core i7-6567U(3.3GHz) 8GB/256GB 208,800円  
8GB/512GB 228,800円  193,800円
8GB/1TB 268,800円  
16GB/256GB 228,800円  193,700円
16GB/512GB 248,800円  219,700円
16GB/1TB 288,000円  244,500円

終わりに

長々と新型MacBoook Pro13インチをレビューしてきましたが、“購入して良かった”と心から思える素晴らしいマシンに仕上がっていることに驚きました。

批判的な意見が多いことや価格の高さもありなかなか購入に踏み切れない方も多いと思いますが、整備済製品やオークションに出品された商品を狙うことで定価よりも2~3万円安く入手できますので、ぜひお薦めしたいところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク