携帯電話・PHS・スマホの違いとは!? 料金が安いのはどれ?

スマホ

ひと昔前、携帯電話とPHSの違いがよくわからなかった人も多いと思いますが、最近はさらにスマートフォンまで登場してしまいました。

今回は、これら3つの機器の違いについて投稿しようと思います。

スポンサーリンク

携帯電話

わざわざ確認する必要もないと思いますが、携帯電話とは、電波により情報のやり取りを行う無線通信機器のことを言います。

既に皆さんご存知ですね・・・。

通信時には、携帯端末とアンテナ(基地局)が電波で接続され、電話局、通話相手が接続している基地局を通じて、相手端末との情報のやり取りが行われます。

PHSとの違いを理解するためにも、1つの基地局から届く電波の範囲が数百メートルから数キロメートルと広いことを覚えておいて下さい(マクロセル方式)。

携帯電話の通信の流れ
端末A ー 基地局(アンテナ)ー 電話局 ー 基地局(アンテナ)ー 端末B

PHS

PHSも携帯電話同様、端末から基地局へ電波を飛ばし、電話局や相手の端末を担当する基地局を経由して、相手と情報のやり取りをしています。

しかしながら、携帯電話の電波が基地局から数百メートル〜数キロメートルの範囲に届くのに対し、PHSは半径数十メートルからせいぜい数百メートルまで(マイクロセル方式)。

携帯電話と比べるとかなり狭いですが、この1つの基地局がカバーするエリアの範囲こそが、携帯電話とPHSの最大の違いなのです

1つの基地局が担当することができるエリアが狭いため、多くの基地局を設ける必要がありますが、その分簡素なつくりで済むことがメリットと言えるでしょう。

人が多く集まる場所に細かくアンテナを設置することで、1つの基地局を利用する端末の数が少なくなるので、通話品質の悪化を防止することもできると言われています。

スマートフォン

最後にスマホ(スマートフォン)ですが、これは、携帯電話やPHSの機能に加え、パソコンの機能を持つ端末のことを言います。

オペレーティングシステムが搭載され、WEBサイトの回覧、音楽や動画の再生、アプリケーションの使用など、パソコンと全く同じことができると言っても過言ではありません。

よって、電話とパソコン両方の機能を併せ持つ端末と言うことも可能ですが、通信方式に注目すれば、携帯電話に該当するものとPHSに該当するもがあることがポイントですね。

ちなみに、WILLCOM(Yahooによる買収後は”ワイモバイル”)が販売するスマートフォンは、全ての製品がPHSです。

料金の違い

料金の違いも気になりますが、PHSの方が携帯電話よりも安く、業務用の連絡手段として使われることも多くあります。

一昔前、 PHS片手に仕事に励むビジネスマンをよく見かけましたが、今でも多くの職場で活躍していることでしょう。

現在は携帯端末のほとんどがスマートフォンですが、やはり、PHSの方がより安い料金で利用できるようです。

言われてみれば、”ワイモバイルのスマホプランが安い”と言う声をよく耳にしますね。

終わりに

携帯電話とPHS、スマホの違いをご理解いただけてでしょうか。

通信の方式など細かな事を抜きにして、”携帯して外出先でも使用できる電話機”と言う意味で考えれば、3つとも携帯電話と言ってよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク