虫歯菌はうつる!? 子供の虫歯予防には感染を防ぐことが大切!

歯磨き

お子さんが虫歯になりお悩みの方も少なくないと思いますが、虫歯が虫歯菌によって引き起こされることをご存知でしょうか。

今回は、虫歯菌とその感染の予防について投稿しようと思います。

スポンサーリンク

虫歯菌

私たちの口内には様々な細菌が存在していますが、それらの中でも、ミュータンス菌の存在が特に厄介。

この菌が、歯垢を形成するとともに糖質から酸を生成し、その酸によって歯が侵食されてしまうのです。

これが虫歯なのですが、虫歯になる人の口内には必ずミュータンス菌が存在することからも、この菌が虫歯の原因と考えてよいでしょう。

なお、ミュータンス菌は、単に虫歯菌と呼ばれることも多いようです。

感染

ミュータンス菌は感染することが報告されていますが、生まれたばかりの赤ちゃんの口内にこの菌が存在しないことが何よりの証拠と言えるでしょう。

逆を言えば、虫歯になると言うことは、どこかのタイミングでミュータンス菌に感染していることを意味するのです。

感染経路はもちろん人から人ですが、具体的には、離乳期以後に母親が自らと同じスプーンで食事を与えたり、噛み与えをすることで感染するケースがほとんど。

また、赤ちゃんとスキンシップを取ろうとキスをした時に菌が移ってしまうこともあると言われています。

この点については、お母さんの子供への愛情が原因になると言っても過言ではないかもしれません。

こうして私たちの口内に入ってきた虫歯菌が虫歯を引き起こすわけですが、日々の歯磨きなどの口腔ケアが悪ければ、余計にその確率が高まることは言うまでもないでしょう。

感染のタイミング

虫歯菌

”生後1年7ヶ月~2年7ヶ月”の間が、最もミュータンス菌に感染しやすいと言われています。

この期間は感染の窓と呼ばれることもあるようですが、前歯が生えた後、奥歯も生え始める時期ですね。

よって、この期間は、お子さんを虫歯菌に感染させないように特に注意が必要な時期と言えるでしょう。

逆に、この時期の感染を防ぐことができれば、その後虫歯になるリスクが大きく減少するのですが、これには口内の細菌のバランスが関係するようです。

より詳しく言えば、感染する時期が遅ければ遅いほど他の菌の数が増えるため、口内に存在できるミュータンス菌の数が限られるとのこと。

ミュータンス菌に感染する時期が遅ければ遅いほど虫歯になり難いことを、理解して欲しいと思います。

予防

新たにお子さんがお生まれになった方にとっては、お子さんを虫歯菌に感染させないようにすることが大切です。

具体的な予防方法としては、①ご両親の口内環境を整える、②お子さんと同じ箸やスプーンを共有しないことが重要。

また、③虫歯菌の繁殖を促進してしまう砂糖の摂りすぎに注意することも大切ですね。

口内環境を整えることも欠かせませんので、お子さんがある程度成長した段階で、正しい歯磨きの仕方を教えてあげて下さい。

お子さんが自分で歯磨きができるようになったら、デンタルフロス歯間ブラシを併用するのもよいと思います。

もちろん、歯が生え始める段階では赤ちゃん自ら歯磨きをすることはできませんので、お父さんお母さんがしっかりとケアしてあげましょう。

子供の虫歯の予防法
  • 両親の口内環境を整える
  • 箸やスプーンを共有しない
  • 糖分を多く含む食品を与え過ぎない
  • 歯磨きをしっかり行う

終わりに

虫歯菌についてご理解いただけたでしょうか。

幼いお子さんをお持ちの方は、お子さんの生涯を通しての歯の健康のためにも、虫歯菌に感染させないように努力して欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク