ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ!? 選び方のポイントは?

ネット

既にドコモ光を利用されている方、これから新規契約を検討されている方も少なくないと思いますが、プロバイダ選びは特に重要です。

そこで今回は、おすすめできるプロバイダと、その選び方のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

プロバイダ一覧

はじめに、ドコモ光で選択可能なプロバイダを確認しておきましょう。

下のリストをご覧いただきたいのですが、タイプAとタイプBとでは料金が異なり、タイプBのプロバイダと契約した場合は、タイプAよりも1月あたり200円高額になります

タイプA タイプB
  • ドコモNET
  • ぷらら
  • So-net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • BBエキサイト
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • 楽天ブロードバンド
  • ゼロワンヒカリコアラ
  • ANDLINE
  • ネスク
  • hI-ho
  • GMOとくとくBB
  • ic-net
  • タイガースネットドットコム
  • ティキティキインターネット
  • U-Pa
  • AsahiNet
  • nifty
  • @Tcom
  • TNC
  • OCN
  • WAKWAK
  • チャンプルネット

各社の特徴

プロバイダを選ぶ場合、無料で取得できるメールアドレスの数や電話サポートの有料・無料などが重要なポイントと言えます。

以下の表は、この2点について各社を比較したものですが、アドレス数についてはGMOが15個でトップ。

DTIと楽天ブロードバンドが10個でこれに続きますが、いずれも問い合わせにフリーダイヤルが用意され、無料でサポートを受けることができることも強みです。

電話サポートや無料で取得できるメールアドレス数については、やはり、大手が充実していると言えるでしょう。

また、ぷららやBIGLOBE等の大手プロバイダの中には、セキュリティソフトが12ヶ月間無料で使用できるところもあるので、より安心ですね。

タイプA タイプB
プロバイダ名 ✉️アドレス数 電話サポート プロバイダ名 ✉️アドレス数 電話サポート
ドコモNET 1 無料 AsahiNet 1 無料
ぷらら 7 無料 nifti 1 無料
So-net 4 無料 @TCOM 1 無料
BIGLOBE 5 無料 TNC 3 無料
DTI 10 無料 OCN 1 無料
BBエキサイト 1 有料 WAKWAK 2 無料
エディオンネット 1 無料 チャンプルネット 1 有料
SYNAPSE(シナプス) 1 有料    
楽天ブロードバンド 10 無料
ゼロワンヒカリコアラ 1 有料
ANDLINE 1 無料
ネスク 1 無料
hi-ho(ハイホー) 1 無料
GMOトクトクBB 15 有料
ic-net 1 無料
タイガースネットドットコム 2 無料
ティキティキインターネット 1 有料
U Pa(ウーパ) 1 無料

速度

安定した速度での通信を実現できるかどうかは、プロバイダを選ぶ場合に最も重要なポイントと言えるでしょう。

セキュリティなどのオプションがどれだけ充実していようとも、通信速度が遅いために快適性が失われるのであれば、何の意味もないのです。

とは言え、”どのプロバイダの通信速度が速いのか”を一概に言うことは、極めて困難。

通信速度はプロバイダの混雑状況に左右されるのですが、地域ごとに各プロバイダの利用状況が異なるため、単純な比較はできないのです。

とは言え、大手プロバイダほど利用者数が多いことは間違いありませんので、ドコモネットやOCNなどの最大手は避けた方がよいかもしれません。

ちなみに、私はぷららさんと契約したものの、夜間の通信速度があまりにも遅く、DTIさんに変更しました。

すると、やはり夜間の通信速度は低下するものの、以前よりはかなり速度が改善されたことを実感できます。

このように、プロバイダにより通信速度に差が生じる可能性は十分にあるので、慎重に判断したいところですね。

また、3,000円の手数料を支払うことでプロバイダを変更することも可能なので、利用を開始した後に十分な通信速度が出ない場合には、検討してみるのもよいのではないでしょうか。

プロバイダの変更で速度が改善される!? その理由と実験結果とは!
せっかく光回線を利用しているのに、インターネットの通信速度が遅く、お悩みの方も多いと思いますが、意外なところに...

契約のポイント

通信速度は非常に重要な問題ですが、契約後に実際に使用して見ない限りは、何とも言えないのが現実です。

よって、結局のところ運次第と言うのが現実・・・。

そこで、申し込みをする前に、万が一の場合の対応を確認しておくことも大切なことだと思います。

私の場合、ぷららさんと契約したものの夜間にまともな通信ができない状態でしたが、その旨を伝えたところ、プロバイダ変更手数料の3,000円を負担してもらうことができました。

この点については、ぷららさんの対応に本当に感謝しています。

私は事後の対応でしたが、契約前の段階で、通信速度に不具合が発生した場合の対応を確認し最適なプロバイダと契約することができれば、これ以上の事はありません

プロバイダ選びでお悩みの方は、細かなところまで問い合わせた上で契約することをお勧めします。

おすすめは

以上の事を考慮して、あるいは私の経験からは、DTIさんをお勧めしたいと思います。

無料で貰えるメールアドレスの数も10個と多く、今の所、通信速度にも大きな不満を感じることもありません。

また、電話での問い合わせも無料です。

BIGLOBEやOCNほどの規模や知名度があるわけではないので、それほど混雑することもないでしょうし、これまでの活動実績も文句なし。

プロバイダの混雑を避けたいとは言え、極端にマイナーな会社と契約するには不安を感じると言う方も、安心して契約することができるのではないでしょうか。

終わりに

これからドコモ光を利用しようとお考えの方には、是非とも慎重にプロバイダを選択して欲しいと思います。

そのためにも、気になることは事前に確認し、納得された上で契約するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク