プロバイダの変更で速度が改善される!? その理由と実験結果とは!

ネット通信

せっかく光回線を利用しているのに、インターネットの通信速度が遅く、お悩みの方も多いと思いますが、意外なところに原因があるかもしれません。

今回は、その解決を目指し、プロバイダの変更と通信速度について投稿しようと思います。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに結論を言ってしまえば、プロバイダを変更することで通信速度が改善される可能性は十分にあります

もちろん、光回線そのものを工事したり、回線業者を変える(フレッツ光→ドコモ光)必要はありません。

実際に、私自身がプロバイダを変更したばかりなのですが、やはり速度の違いを体感することができました。

正確に言えば、逆に通信速度が下がってしまう可能性もあるのですが、その理由などの詳細は以下で述べることにしましょう。

プロバイダ(ISP)とは

ここで、光回線とプロバイダの役割を確認しておきたいのですが、光回線とはデータが往来するための通り道にあたります。

実際の光ケーブルや電線をイメージしていただきたいのですが、ケーブルの中を通り、情報が行き来すると考えればよいでしょう。

また、回線を提供する業者を回線業者と呼びますが、よく耳にする言葉ですね。

さて肝心のプロバイダですが、彼らは、光回線を使って、私たちのパソコンをインターネットに接続する役割を果たしています。

接続業者と呼ばれることもありますが、このプロバイダのおかげで、様々なサイトへのアクセスが可能になると考えて下さい。

現在、本当に多くのプロバイダが存在しますが、OCNやぷらら、yahooなどの名前は、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

光回線を使ってインターネットを楽しむには、プロバイダの存在を欠かすことができず、回線業者と並んで非常に重要な役割を担っていることを、理解して欲しいと思います。

プロバイダと通信速度

通信速度

”プロバイダと速度は関係ない”、”大事なのは回線速度だ”と言う人もいますが、正確には間違いと言わざるを得ません。

詳しくは以下で述べますが、少々長くなるかもしれませんが、是非とも最後まで読んで欲しいと思います。

回線速度とは、NTT基地局からONU、若しくはモデムまでの区間において、1秒間にどれだけの情報を運ぶことができるかを表すもの

この能力が高ければ高いほどデータの移動が短時間で済み、その結果、通信速度が速くなると考えてよいでしょう。

なお、回線速度は、正しくは、回線能力と呼ぶべきものです。

水道のホースをイメージしていただければよいのですが、太いホースは細いホースよりも多くの水を運ぶことができますよね。

ホース(光ケーブル)の中を情報が行き来するとすれば、太いホースの方がより多くの情報を転送できることは言うまでもありません。

その回線速度ですが、以前は、100Mbps、200Mbpsが一般的でしたが、現在では1Gbpsまで引き上げられ、多くの回線業者がその速さをアピールしています。

ところが、それらの数字は、理論上実現可能な速度の最大値であり、実際はそこまでの速度が出ることはありません。

それには様々な要因があると言われていますが、プロバイダの影響も大きいのです。

私たちのパソコンがインターネットへアクセスするには、プロバイダのサーバーを通過しなければならないのですが、利用者が多い場合はこれが混雑してしまうことに・・・。

サーバーとは、プロバイダがパソコンをインターネットへ接続させるための機器、設備を言いますが、回線を管理するNTTの地方基地局に設置されています。

こちらが混雑し、その処理能力が追い付かない状況では、パソコンとの通信速度が低下してしまうのも当然ですね。

また、このプロバイダのサーバーと光回線との接続部分が混雑してしまうことも、大いにあり得るでしょう。

結果、光回線自体は1Gbpsの速度で通信可能であるにも関わらず、実際の速度は3~5Mbpsしか出なかったりするのです。

特に夜間(20~23時)の時間帯はインターネットを利用する人が多く、プロバイダのサーバーも混雑しますので、圧倒的に通信速度が低下してしまうことも珍しくありません。

特に、有名で規模が大きいプロバイダほど利用者の数が多く、速度が低下する確率も高いのですが、OCNさんやBIGLOBEさんのユーザーからは、それを嘆く声も多いとのこと。

では逆に、利用者が少ないプロバイダと契約すればどうなるのでしょうか。

既にお気付きの方も多いと思いますが、利用者が少ない分、混雑による速度の低下を回避できる確率が高いのです。

もちろん、サーバーの性能よるところも大きく、必ず速度が改善される保証はありませんが、何もしなければ不快なネット環境が続くだけ・・・。

現在、大手プロバイダと契約していて夜間の通信速度が遅いと言う人は、プロバイダの変更を考えてみるのも1つの方法であると思います。

実験結果

私自身、速度の低下に悩まされ、プロバイダを変更した経験を持つのですが、その結果を報告したいと思います。

私の場合、回線業者はドコモ光で、プロバイダはぷららさんでした。

その通信速度は、日中こそ問題ないものの、夜間は必ず”1~2Mbps”まで低下し、どうしようもない状況・・・。

そこで、プロバイダをDTIさんに変更することに。

その結果、日中はほとんど変わりはないのですが、夜間の通信速度についてはだいぶ改善されました。

もちろん、利用者が増える時間帯だけあり、”5~6Mbps”まで速度が低下してしまうこともありますが、画面の切り替わりなどの体感速度は明らかに速く感じます

速度測定サイトによっては、以前より20Mbps以上速い結果が出ることもありますので、速度が改善されていることは間違いないでしょう。

速度が低下する時間も短くなり、11時近くになると、再びかなりの速度での通信ができることも好印象ですね。

なお、プロバイダ変更前と変更後の実際の速度の変化については、下の表にある通り。

速度測定サイトごとに数字にばらつきがあるのですが、今回は、厳し目の結果が出るサイトと、標準的なサイトの2つで計測しました。

プロバイダの選択次第で劇的に速度が速くなる可能性もあるわけですから、速度低下でお悩みの皆さんには、是非ともプロバイダの変更を検討して欲しいと思います。

通信速度(Mbps)
速度測定サイトA 速度測定サイトB
日中 夜間 日中 夜間
ぷらら 50~60 1~2 190~200 10~15
DTI 50~55 5~6 190~200 35~70

※ 夜間は、20~23時の間で最も遅い数値。

終わりに

通信速度とプロバイダの関係を、ご理解いただけたでしょうか。

夜間、通信速度が低下してしまう状況を経験されている方には、1度プロバイダを変更されることをお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク