圧迫面接に隠される意味とは? 面接官の意図を読んで対応しよう!

圧迫面接

就職活動に汗を流している学生さんも多いと思いますが、面接官が高圧的な態度で就活生を困らせる圧迫面接に遭遇する可能性も。

今回は、その圧迫面接に隠された意図と正しい対処法について投稿してみたいと思います。

スポンサーリンク

圧迫面接

はじめに、圧迫面接とはどのような面接のことを指すのかを確認しておきましょう。

圧迫面接とは、その名の通り、志願者の精神を圧迫すべく面接官が意地悪な質問や反論を行うことを言います。

服装や髪型に難癖をつけられる、曖昧な志望動機を追求されるなど様々なパターンがあるようですが、特にひどいケースでは履歴書を破り捨てられることも・・・。

理不尽極まりないことですが、とにかく就活生を困らせ、精神的に窮地に追い込むのが目的なのです。

なぜそんなことをと思われる方も多いと思いますが、その理由については以下の通り。

目的

面接官が圧迫面接を行うには、もちろんそれなりの意図があるはず。

これを通してチェックされる項目には、志願者の性格クレーム対応力ストレス耐性などがあると言われています。

性格診断

精神的に追い詰められた状況での対応を見ることで、志願者の性格がチェックされることがあるようです。

職種ごとに向く性格と向かない性格があることは間違いのないことですから、それを試されることには、それほど不思議な感じはしませんね。

もちろん、どのように対応すれば合格になるのかは各企業ごとに異なると思いますが・・・。

クレーム対応力

圧迫面接には、志願者のクレーム対応力を見る目的があるとも言われています。

相手が高圧的な態度でクレームを入れてくるケースも考えられるわけですから、それに対する適応力が問われていると言うことですね。

とは言え、入社後の研修などで対応を身に付けさせれば済むことだと思うのですが・・・。

ストレス耐性

ストレス

圧迫面接を通じて、志願者のストレス耐性がチェックされることも。

圧迫面接の最大の目的がこれであるとも言われていますが、精神的な負担にどこまで耐えることができるかを試されるのです。

企業にとっては、いかに理不尽な要求を突き付けられても従順に従ってくれる社員ほど有難いものはありません。

組織に刃向かうことなく、嫌なことがあってもひたすら我慢して働き続ける労働者を発掘する目的があると考えてよいのではないでしょうか。

対処法

以外に思われるかもしれませんが、圧迫面接対策に特別なことは全くないのです。

不必要に緊張したり相手の機嫌を取る必要は全くありませんが、それらは全て余計なことであり、プラスに作用することは1つもありません。

普段通りに堂々と構え、自らの考えを言い、おかしいと思うことには反論すればよいのです。

仮に相手が志願者の性格をチェックする目的であれば、窮地追い込まれた場合にも普段通りに振る舞うことができる精神力に魅力を感じるはず。

クレーム対応力をチェックされている場合にも、何事にも動じないメンタルの強さが高く評価されるでしょう。

ブラック企業対策

問題はストレス耐性を試されている場合ですが、彼らが企業に従順な人材を求めているのであれば、採用されないでしょう(笑)。

彼らにとって、おかしいことはおかしいと意見するような人材がいては困るわけですから当然ですね。

また、ブラック企業であればあるほどその傾向が強いことは言うまでもありません。

話を戻しますが、堂々とした立ち振る舞いにより採用が見送られる可能性が大いにあるわけですが、それでよいのです。

形だけの採用を勝ち取ったとしても、その企業がとんでもないブラック企業であれば入社後に苦労することは確実ですし、どの道長くは続かないでしょう。

そんなことになるくらいなら、はじめから不採用になった方がよほどマシではありませんか。

圧迫面接に屈するような人材を求める企業がブラックである確率が高いからこそ、堂々と立ち振る舞うべきなのです。

逆にこちらがブラック企業を選別するつもりで、臆することなく彼らと対峙することが大切と言うことですね。

圧迫面接に対して毅然と対応することがブラック企業対策になる可能性もあることを、理解して欲しいと思います。

終わりに

初めて就職活動を経験される学生さんにとって、面接ともなれば、相手に良いい印象を与えようと必死になることは当然だと思います。

しかしながら、時には、臆することなく自らの意見を言うことが必要になることを覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク